サーバーレスクォータ

サーバーレス クォータは、サーバーレス コンピュートの安全対策です。 サーバーレス クォータは、顧客が一度に保有できるサーバーレス コンピュート リソースの数を制限します。 クォータは、アカウント内のすべてのワークスペースに対して地域レベルで適用されます。 アカウントにはデフォルトの初期クォータがありますが、 Databricksアカウントの種類とDatabricksの使用方法に基づいてクォータを自動的にプロアクティブに増加します。 Databricks は、一般的な顧客が通常の使用で割り当て制限に達しないようにすることを意図しています。

割り当ては、1 時間あたりの Databricks 単位 (DBU) で測定されます。 DBU は、測定と価格設定の目的で使用される、Databricks プラットフォーム上の処理能力の正規化された単位です。 価格ページをご覧ください。

クォータは、容量計画のメカニズムとして意図されたものではなく、支出を管理または制限するための汎用的な方法ではありません。

クォータはサーバレス SQL ウェアハウスに対してのみ適用されます。 リージョン内のサーバレス クォータに達すると、ワークスペースは新しいサーバレス SQL ウェアハウスを起動できなくなります。 この制限に達しても、リージョン内の既存の SQL ウェアハウスは終了しませ。 ただし、制限に達した場合、 Databricksウェアハウス内のコンピュートリソースの数を増やすことを禁止します。

サーバーレスクォータを増やす

必要に応じて、E メールhelp @ databricks . comで追加のクォータの増加をリクエストできます。 サポートプランをお持ちの場合は、サポートポータルでリクエストを行うこともできます。 クォータの引き上げのリクエストには、次のものを含める必要があります。

  • 件名を "Serverless quota increase request"

  • 1 つ以上の AWS リージョン

  • クォータの引き上げを要求した

  • クォータ増加の正当性または理由