サーバーレス SQL ウェアハウスを有効にする

この記事では、ワークスペースでサーバレス SQLウェアハウスを有効にする方法について説明します。

サーバレス SQL ウェアハウスにはパブリック IP アドレスがありません。 アーキテクチャに関する詳細情報については、 「Databricks アーキテクチャの概要」を参照してください。

要件

注:

ワークスペースは、ワークスペースのレガシーメタストアとして AWS Glue を使用できます。 「AWS Glue データカタログをメタストアとして使用する (レガシー)」を参照してください。

アカウントでサーバーレスコンピュートを有効にする

注:

アカウントが 2022 年 3 月 28 日以降に作成された場合、ワークスペースではデフォルトでサーバレス コンピュートが有効になります。

  1. アカウントコンソール設定ページの機能有効化タブに移動します。

  2. ページ上部のバナーに、追加条件への同意を求めるメッセージが表示されます。 利用規約を読んだら、[ 同意する]をクリックします。 規約への同意を求めるバナーが表示されない場合、このステップはすでに完了しています。

規約に同意すると、アカウントでサーバーレスが有効になります。

サーバレスコンピュートのアップデートインスタンス(オプション)

ワークスペースが 2022 年 6 月 24 日より前に作成されたインスタンスをデータ アクセスに使用している場合、サーバーレスを有効にするためにインスタンスの信頼関係を更新する必要がある場合があります。 「サーバレス SQL ウェアハウスで使用する AWS インスタンスを確認または設定する」を参照してください

データガバナンスの Unity Catalog を使用している場合は、このステップを完了する必要はありません。

サーバーレス SQL ウェアハウスは、一部の地域でコンプライアンス セキュリティ プロファイルをサポートします

プレビュー

この機能は パブリックプレビュー版です。

コンプライアンス セキュリティ プロファイルを備えたサーバレス SQLウェアハウスのサポートは地域によって異なります。 [リージョン] ページ[サーバレス SQLウェアハウス]列で、サポートされているコンプライアンス セキュリティ プロファイルを探します。

  • これらのリージョンでは、サーバレス ウェアハウスは、コンプライアンス セキュリティ プロファイルが有効になっているワークスペースをサポートします。 これらには、強化されたイメージ、暗号化されたノード間通信、ウイルス対策モニター、ファイル整合性モニター、および長時間実行されるサーバーレス SQL ウェアハウスの自動再起動が備わっています。

  • これらのリージョンの外では、ワークスペースでコンプライアンス セキュリティ プロファイルが有効になっている場合、Databricks ではサーバーレス SQL ウェアハウスの起動が許可されません。

関連機能の強化されたセキュリティモニタリングは、サーバレス SQL ウェアハウスには適用されません。

Hive metastore認証情報を削除して、サーバレスを有効にする

Hive metastore資格情報がワークスペース レベルで定義されている場合、サーバレス SQLウェアハウスをデプロイすることはできません。 従来のHive metastore資格情報を削除するには:

  1. ワークスペースの上部バーでユーザー名をクリックし、ドロップダウンから[管理者設定]を選択します。

  2. 「コンピュート」タブをクリックします。

  3. SQLウェアハウスの横にある「管理」をクリックします。

  4. [データ アクセス構成]フィールドで、 Hive metastore資格情報を見つけて削除します。

  5. [変更を保存]をクリックします。

タグを使用して使用状況を監視する

Databricksの他のコンピュート リソースと同様に、タグをサーバレス SQL ウェアハウスに適用して、使用状況とコストを監視できます。 アカウント コンソールで使用状況を確認したり、ダウンロード可能なログにアクセスしたりできます。 「 使用状況ページへのアクセス」を参照してください

制限事項

サーバーレス ウェアハウスには次の制限があります。

  • スポット インスタンス ポリシーを含むクラスターポリシーはサポートされていません。 「コンピュート ポリシーの作成と管理」を参照してください。

  • 顧客管理 VPC は、サーバレス SQL ウェアハウスのコンピュート リソースには適用されません。 「顧客管理 VPC の構成」を参照してください。

  • サーバレス SQL ウェアハウスは、ほぼすべての場合において、Databricks コントロール プレーンとサーバレス コンピュート プレーン間のプライベート接続を使用します。 一部のレガシーus-east1リージョン ワークスペースは、代替の安全なネットワーク接続を使用します。

  • サーバレス コンピュート プレーンはクラシック コンピュート プレーンのセキュア クラスタ接続リレーを使用しませんが、サーバレス SQL ウェアハウスにはパブリック IP アドレスがありません。

  • サーバーレス SQL ウェアハウスは、EBS ストレージ暗号化にカスタマー マネージド キーを使用しません。 「サーバーレス コンピュート」および「カスタマー管理キー」を参照してください。