外部データブリックサービスへの認証を有効にする

Databricks管理者は、ユーザがDatabricksワークスペースの認証情報を使用して、Ideas Portalヘルプセンターのような外部のDatabricksサービスに直接認証できるようにすることができます。

要件

この機能を使用するには、プレミアムプラン以上が必要です。

Ideas Portal

Aha!を搭載したアイデアポータルでは、製品のフィードバックを提供したり、製品のアイデアに投票したり、お気に入りの アイデア の進捗状況を確認したりできます。アイデア ポータルへの認証を有効にすると、すべてのユーザーは委任された Databricks 認証を使用してアイデア ポータルにアクセスできるようになります: アクティブな Databricks ワークスペース セッションがある限り、アイデア ポータルに自動的にサインインします。 ワークスペースのヘルプ メニューに移動して (右上の疑問符 ヘルプボタン をクリック) 、[ フィードバック] をクリックするか、 ideas.databricks.com に移動するときに Databricks SSO ログイン オプションを使用できます。 アクティブな Databricks ワークスペース セッションがない場合は、Databricks にログインするように求められ、アイデア ポータルに移動します。

Ideas Portalの詳細については、「製品フィードバックを送信する」を参照してください。

Ideas Portalへのアクセスは、ワークスペースのすべてのユーザーがデフォルトで有効になっています。アクセスを変更するには:

  1. 管理者設定ページに移動します。

  2. 詳細設定 」タブをクリックします。

  3. [ Authentication to Ideas Portal ] トグルをクリックします。

  4. [確認]をクリックします。

ヘルプセンター

お客様の組織がDatabricksサポート契約を結んでいる場合、正規のサポート担当者はSalesforceを利用したヘルプセンターを使用して、サポートケースの提出と監視を行うことができます。サポート担当者でないユーザーは、ヘルプセンターを使用して、認証することなく複数のDatabricksコンテンツサイトを横断してヘルプを検索することができます。

ヘルプセンターへの認証を有効にすると、このワークスペースの Databricks ユーザ名が承認されたサポート連絡先として Salesforce に登録されている限り、ユーザは委任された Databricks 認証を使用してヘルプセンターのケース送信およびモニタリングインターフェースにアクセスできます。 委任された Databricks 認証では、ブラウザーにアクティブなワークスペース セッションがある場合、そのようなユーザーがヘルプセンターに自動的にサインインします。 ワークスペースのヘルプ メニューに移動して (右上の疑問符 ヘルプボタン をクリック )、またはヘルプ センターに移動するときに Databricks サインイン オプションを使用できます。 ヘルプセンターからサインインしようとしたときにアクティブな Databricks ワークスペース セッションがない場合は、Databricks にログインするように求められ、ヘルプセンターに移動します。

サポートプロセスの詳細については、サポートをご覧ください。

をのアクセスは、上記の基準を満たすすべてのユーザーがデフォルトで有効になっています。アクセスを変更するには:

  1. 管理者設定ページに移動します。

  2. 詳細設定 」タブをクリックします。

  3. ヘルプセンターへの認証 」トグルをクリックします。

  4. [確認]をクリックします。