サブスクリプションを管理する

この記事では、請求、サブスクリプションレベルを管理する方法、およびサブスクリプションをキャンセルしてアカウントを削除する方法について説明します。Databricksアカウント管理者のみがDatabricksサブスクリプションを管理できます。

請求管理

請求の管理方法は、Databricksとのビジネス関係の種類によって異なります。

AWS Marketplace経由の従量課金制アカウント

AWS Marketplace を使用して Databricks をサブスクライブした場合、Databricks の料金は他の AWS コストと一緒に表示されます。 支払い方法を管理するには、AWS コンソールを使用します。

Databricksにクレジットカードで支払う従量課金制アカウント

クレジット カードで Databricks に直接支払う場合は、次の手順に従って課金を管理します。

  1. Databricksアカウント所有者またはアカウントレベルの管理者として、Databricksアカウントコンソールにログインします。

  2. サイドバーの[設定]アイコンをクリックします。

  3. 支払い方法が追加されていない場合は、[請求先情報の追加]をクリックしてフォームに入力します。

  4. 既存の支払方法を編集するには、[編集]をクリックします。

契約アカウント

Databricksと契約している場合、Databricksには請求情報が記録されています。

サブスクリプションをアップグレードする

Databricks には複数の価格 プランがあります。 既定では、新しいアカウントは Premium プランに追加され、監査ログ、役割ベースのアクセス制御、およびセキュリティやガバナンスなどをより詳細に制御できるその他の機能が追加されます。 現在のプランがわからない場合は、アカウント管理者がアカウント コンソールの [サブスクリプションと請求] で確認できます。

現在のプランが組織のニーズをすべて満たさなくなった場合は、Enterprise プランにアップグレードできます。 アカウントをアップグレードする手順は、従量課金制アカウントと契約アカウントで異なります。

アクセス制御の設定は、Standard プランから Premium プラン以上にアップグレードされたワークスペースでは、既定で無効になります。 アクセス制御設定は、いったん有効にすると無効にすることはできません。 詳細については、「 アップグレードされたワークスペースでアクセス制御リストを有効にすることができます」を参照してください。

従量課金制アカウントのアップグレード

従量課金制アカウントをお持ちの場合は、こちらの指示に従って別のプランにアップグレードしてください。

Databricks Community EditionからDatabricksのフルプラットフォームにアップグレードするには、Databricks無料トライアルにサインアップするか、Databricksの担当者にお問い合わせください。詳細については、「AWS上でDatabricksの無料トライアルを開始する」を参照してください。

  1. Databricksアカウント管理者として、Databricksアカウントコンソールにログインします。

  2. サイドバーの[設定]アイコンをクリックします。

    現在のプランがページに表示されます。

  3. 新しいプランにアップグレードするには、[プランの変更]をクリックします。

  4. プランを選択するか、プランの詳細を表示するには、そのプランのタイルをクリックします。

  5. [保存]をクリックします。

ダウングレードをリクエストする

アカウント コンソールで直接、プランをEnterpriseからPremiumにダウングレードすることはできません。 ダウングレードをリクエストするには:

  1. [プランを変更]をクリックします。

  2. [ プレミアム ] タイルをクリックします。

  3. [お問い合わせ]をクリックします。Databricksの担当者が連絡します。

詳しくは、プランと価格のページを参照してください。

契約アカウント

Databricks と契約している場合は、Databricks アカウント チームに連絡してサブスクリプション レベルを管理してください。

Databricksサブスクリプションのキャンセル

サブスクリプションをキャンセルした後:

  • Databricksアカウントのワークスペース、ノートブック、データにアクセスできなくなりました。

  • Databricksのサービス利用規約に従って、サブスクリプションに関連付けられたワークスペース内に含まれる顧客コンテンツはキャンセル後30日以内に削除されます。

  • 同じメールアドレスを使用して新しいサブスクリプションにサインアップすることはできません。サインアップフォームに新しい電子メールアドレスを入力する必要があります。

AWS Marketplace による従量課金制アカウントのキャンセル

サブスクリプションをキャンセルするには:

  1. Databricksのアカウント所有者またはアカウント管理者として、Databricksアカウントコンソールにログインします。

  2. 各ワークスペースに移動し、別のアカウントにインポートするデータまたはノートブックをエクスポートします。

  3. すべてのワークスペースを削除します。

  4. IAMロールのaws-marketplace:Unsubscribe権限を持つユーザーとしてAWSにログインします。

  5. AWSマーケットプレイスに行ってください。

  6. 右上のアカウント名から、[Marketplaceソフトウェア]を選択します。

  7. [ Databricks Data Intelligence Platform] をクリックします。

  8. [アクション]から[購読をキャンセル]をクリックします。

Databricks を使用した従量課金制アカウントのキャンセル

サブスクリプションをキャンセルするには:

  1. Databricksのアカウント所有者またはアカウントレベルの管理者として、アカウントコンソールにログインします。

  2. 各ワークスペースに移動し、別のアカウントにインポートするデータまたはノートブックをエクスポートします。

  3. すべてのワークスペースを削除します。

  4. サイドバーの[設定]アイコンをクリックします。

  5. [プランをキャンセル]をクリックします。

  6. 確認ダイアログで、[削除の確認]をクリックします。

契約アカウント

Databricks と契約している場合は、Databricks アカウント チームに連絡してサブスクリプションを管理してください。

Databricksアカウントを削除する

アカウントを削除すると、アカウント所有者と、組織のアカウントの管理に関連付けられているすべての履歴が削除されます。 Databricks アカウントを削除する前に、まず Databricks サブスクリプションをキャンセルし、 アカウント内のすべての Unity Catalog メタストアを削除する 必要があります。組織のアカウントに関連付けられているすべてのメタストアを削除したら、アカウントを削除するプロセスを開始できます。

Databricksアカウントを削除する必要がある場合は、アカウントチームにお問い合わせいただくか、 help.databricks.com宛までチケットを提出してください。