詳細な監査ログを有効にする

詳細監査ログは、ワークスペースでクエリまたはコマンドが実行されるたびに記録される追加の監査ログです。 デフォルトでは、これらのログはワークスペースで有効になっていません。

詳細な監査ログを有効または無効にするには、次の操作を行います。

  1. ワークスペース管理者として、Databricks管理設定ページに移動します。

  2. 「詳細設定」タブをクリックします。

  3. [ 詳細監査ログ] の横にある機能を有効にします。

詳細ログを有効または無効にすると、アクションworkspaceConfKeysのカテゴリworkspaceで監査可能イベントが発行されます。workspaceConfKeysリクエストはenableVerboseAuditLogsです。 リクエスト パラメーターworkspaceConfValuesは、 true (機能が有効) またはfalse (機能が無効) です。

詳細な監査ログ イベント

詳細監査ログを構成すると、ログには次の追加イベントが含まれます。

サービス

アクション名

説明

リクエストパラメーター

notebook

runCommand

対話型ユーザーがノートブックでコマンドを実行した後に発行されます。 コマンドはノートブックのセルに対応します。

  • notebookId

  • executionTime

  • status

  • commandId

  • commandText

jobs

runCommand

ノートブック内のコマンドがジョブ実行によって実行された後に発行されます。 コマンドはノートブックのセルに対応します。

  • jobId

  • runId

  • notebookId

  • executionTime

  • status

  • commandId

  • commandText

databrickssql

commandSubmit

コマンドが Databricks SQL に送信されると実行されます。

  • commandText

  • warehouseId

  • commandId

databrickssql

commandFinish

コマンドが完了するか、コマンドがキャンセルされると実行されます。

  • warehouseId

  • commandId

コマンドの結果に関連する追加情報については、 responseフィールドを確認してください。

  • statusCode - HTTP 応答コード。 一般的なエラーの場合、これはエラー 400 になります。

  • errorMessage -エラーメッセージ。

    注:

    場合によっては、特定の長時間実行コマンドでは、失敗時にerrorMessageフィールドにデータが入力されないことがあります。

  • result: このフィールドは空です