ノートブックの機能へのアクセスを管理する

ワークスペース管理者のユーザーは、ノートブック機能へのユーザーのアクセス管理を以下のように行います。

ノートブックから結果をダウンロードする機能を管理する

ノートブックからの結果のダウンロード は、デフォルトによって有効になります。

  1. 管理者設定ページに移動します。

  2. [ セキュリティ ] タブをクリックします。

  3. [ ノートブックの結果のダウンロード ] トグルをクリックします。

ノートブックからクリップボードにデータをコピーできるようにする

ワークスペース管理者は、ユーザーが表形式のデータをノートブックからクリップボードにコピーする機能を有効または無効にできます。

  1. 管理者設定ページに移動します。

  2. [ セキュリティ ] タブをクリックします。

  3. [ ノートブック テーブルのクリップボード機能 ] 切り替えをクリックします。

ユーザーがノートブックをエクスポートできるようにする

ワークスペース管理者は、ワークスペースからノートブックをエクスポートする機能を有効または無効にできます。

  1. 管理者設定ページに移動します。

  2. [ セキュリティ ] タブをクリックします。

  3. [ ノートブックのエクスポート ] トグルをクリックします。

ユーザによる SQL クエリー結果のダウンロードの有効化

ワークスペース管理者は、ユーザーが クエリ結果をダウンロードする機能を有効または無効にできます。

  1. 管理者設定ページに移動します。

  2. [ セキュリティ ] タブをクリックします。

  3. [SQL 結果のダウンロード] トグルをクリックします。

ノートブックの結果の保存場所を管理する

すべての対話型ノートブックの結果を、Databricksが管理するコントロールプレーンのデフォルトのロケーション(一部のノートブックコマンドの結果が保存される場所)ではなく、クラウドアカウントのルートストレージに保存することを選択できます。詳細と手順については、ノートブックの結果の保存場所を設定するを参照してください。