モデルの探索

「カタログエクスプローラ」(Catalog Explorer) では、モデルスキーマの詳細の表示、サンプルデータのプレビュー、モデルタイプ、モデルの場所、モデル履歴、頻出クエリーとユーザー、およびその他の詳細を表示できます。

カタログ エクスプローラーを使用してモデルの所有権とアクセス許可を設定する方法については、「 カタログ エクスプローラーで Unity Catalog オブジェクトの所有権 を管理する」および「 カタログ エクスプローラーで Unity Catalog のアクセス許可を管理する」を参照してください。

モデル情報の表示

  1. カタログ アイコンサイドバーの 「カタログ 」をクリックします 。

  2. 右上のドロップダウンリストからコンピュートリソースを選択します。

  3. 左側の「カタログエクスプローラ」(Catalog Explorer) ツリーで、カタログを開き、スキーマを選択します。

  4. 画面の右側で、[ モデル ]タブをクリックします。 [ モデルのフィルター ] フィールドにテキストを入力すると、モデルをフィルター処理できます。

    モデルをフィルタリング
  5. モデルをクリックすると、詳細情報が表示されます。 モデルの詳細ページには、モデル バージョンの一覧と追加情報が表示されます。 このページから、 モデルエイリアスを設定できます

    モデルの詳細ページ

モデルのバージョン情報とモデルのリネージを表示します

モデル バージョンに関する詳細情報を表示するには、モデルの一覧でその名前をクリックします。 モデルを作成した MLflow 実行へのリンクなど、モデル バージョンの詳細が表示されます。

[モデル バージョン] ページ

このページからは以下のようにモデルのリネージを閲覧することができます。

  1. 「リネージ」タブを選択します。 左側のサイドバーには、モデルとともにログに記録されたコンポーネントが表示されます。

    カタログ エクスプローラーのモデル ページの「リネージ」タブ
  2. 「リネージグラフを参照」をクリックします。 リネージグラフが表示されます。 リネージ グラフの探索の詳細については、 「リネージのキャプチャと探索」を参照してください。

    リネージ画面
  3. リネージグラフを閉じるには、リネージグラフの閉じるボタン右上隅にあります。

エンドポイントの背後でモデルを提供する

モデルの詳細ページで、クリック 「カタログエクスプローラ」(Catalog Explorer) の「モデル提供」ボタン して、モデル サービング エンドポイントの背後にモデルを提供します。