ダッシュボードを共有する

この記事では、ダッシュボードの公開と共有に関する推奨事項を示し、公開されたダッシュボードを共有する手順について説明します。

ダッシュボードにアクセスできるのは誰ですか?

Databricks アカウントまたはワークスペース内のユーザーやグループとダッシュボードを共有できます。 ワークスペースに登録されたユーザーには、ダッシュボードとのやり取り機能を定義するさまざまなレベルの権限を割り当てることができます。

ワークスペースのメンバーではないユーザーは、ダッシュボードへの表示のみのアクセスに制限されます。 ダッシュボードを表示および実行することはできますが、編集または管理することはできません。 このアクセスレベルは、他のデータ視覚化システムの表示専用ロールと一致しており、特別なライセンスを必要としないという利点もあります。

ワークスペースメンバーのアクセス

ワークスペース ユーザーにダッシュボードを表示、編集、または管理する権限を付与できます。 「ダッシュボード ACL」を参照してください。ダッシュボードにアクセスできるワークスペース ユーザーは、ドラフト バージョンと公開バージョンの両方にアクセスできます。 ワークスペース ユーザーは、下書きを変更して再公開するために、少なくとも CAN EDIT 権限を持っている必要があります。

ダッシュボードは、それを囲むフォルダーに設定された権限を継承します。 デフォルトでは、ダッシュボードは/Workspace/Users/<username>ディレクトリに保存されます。 それを囲むフォルダーにアクセスできるすべてのユーザーが、ダッシュボードにもアクセスできます。 ダッシュボードの所有権を変更できるのはワークスペース管理者のみです。 「 ダッシュボード管理ガイド」を参照してください。

アカウントメンバーのアクセス

ワークスペースへのアクセス権を持たない Databricks アカウントのメンバーには、埋め込まれた資格情報を使用して公開されたダッシュボードの表示専用コピーへのアクセス権を付与できます。 パブリッシャーの埋め込み認証情報を使用して、ダッシュボードに表示されるデータと、基礎となるクエリを実行するコンピュートリソースにアクセスします。 つまり、アカウントレベルのビューアにはコンピュートまたはデータの権限は必要ありません。 ワークスペースへのアクセス権を持たないメンバーは、ダッシュボードのドラフト バージョンにアクセスできず、左側または上部にある Databricks ワークスペースのナビゲーション要素は表示されません。

組織のメンバーが共有ダッシュボードにアクセスするには、まず管理者がメンバーを Databricks アカウントに登録する必要があります。 「 ダッシュボード管理ガイド」を参照してください。 このステップでは、リンクを持つすべてのユーザーが共有ダッシュボードを表示できるようにするのではなく、共有ダッシュボードへのアクセスを組織の指定されたメンバーのみに制限します。

共有ダッシュボードのデータとコンピュート

ダッシュボードで知見を効果的に共有するには、閲覧者が基礎データと、ダッシュボードを最新の状態に保つサポートクエリを実行するために必要なリソースにアクセスできる必要があります。 これらのリソースへのアクセスは、次のいずれかの方法で提供できます。

資格情報の埋め込み (デフォルト) : ダッシュボードを公開するときに、オプションで資格情報を埋め込むことができます。 資格情報を埋め込むと、閲覧者はあなたのデータとコンピュート アクセスを活用して、あなたと同じようにダッシュボードを表示できるようになります。 また、すべてのビューアが同じ共有キャッシュを使用して効率を最大化することもできます。

資格情報を埋め込まない: 資格情報が埋め込まれていない場合は、各ダッシュボード閲覧者独自のデータとコンピュート資格情報が適用されます。 ワークスペース管理者は、データとコンピュートリソースへのアクセスを管理できます。 ダッシュボードの元のワークスペースへのアクセス権を持たないユーザーには、コンピュートリソースへのアクセス権を付与できません。 実質的に、これによりダッシュボードへのアクセスはワークスペースへのアクセス権を持つユーザーのみに制限されます。

資格情報を埋め込まない場合は、ダッシュボードに表示されるデータを表示するために、閲覧者に必要なデータとコンピュート アクセス権があることを確認する必要があります。 ワークスペースへのアクセス権を持たないユーザーと共有する場合は、 「資格情報の埋め込み」を選択します。

下書きモードでは、ダッシュボードが埋め込み認証情報で公開されている場合でも、閲覧者のデータ権限が常に適用されます。

公開済みのダッシュボードを共有する

公開されたダッシュボードは、以下と共有できます。

  • ワークスペース内の特定のユーザーとグループ

  • Databricks アカウント内の特定のユーザーとグループ

  • Databricksアカウント内のすべてのユーザー

Databricks アカウント内の全員と共有する場合は、共有設定「組織内のすべてのユーザーが閲覧可能」を使用します。 ワークスペース内の全員と共有する場合は、システム グループ「すべてのワークスペース ユーザー」を使用します。

ダッシュボードを共有するには、次の手順に従います。

  1. 下書きまたは公開済みのダッシュボードを開きます。

  2. [共有]ボタンをクリックし、 [共有]ダイアログを使用して組織内のユーザーとグループの権限を設定します。

    • ダイアログの上部に、共有するユーザーとグループを入力します。 CAN EDIT や CAN MANAGE などの特定の権限レベルを割り当てることができます。 次に、「 追加」をクリックします。

    • Databricks アカウント内の任意のユーザーに表示アクセス権を簡単に割り当てるには、 [共有]ダイアログの下部にある[共有設定]オプションを使用します。

    組織の共有の設定を示す共有ダイアログ

    ダッシュボードを管理または編集するには、ユーザーはワークスペースにアクセスする必要があります。 ワークスペース管理者はワークスペースにユーザーを追加できます。 「アカウント コンソールを使用してユーザーをワークスペースに割り当てる」を参照してください。

    注:

    ワークスペースへのアクセス権を持たないユーザーには、CAN RUN 権限が制限されます。 ワークスペースへのアクセス権を持たないユーザーに CAN EDIT などの昇格された権限を付与すると、それらの権限は[共有]ダイアログに表示されますが、実際の権限は CAN RUN に制限されます。 ユーザーがワークスペースに追加されない限り、昇格された権限を適用することはできません。 ユーザーにより高い権限レベルが割り当てられ、後でワークスペースに追加された場合は、割り当てられた権限に従ってダッシュボードを操作できます。 ダッシュボードの権限レベルの詳細については、 「ダッシュボード ACL」を参照してください。

  3. リンクをユーザーと共有します。

    [共有] ダイアログの下部にある [リンクをコピー] をクリックして、公開されたダッシュボードの共有可能な URL をコピーします。