クエリベースの

この記事では、クエリベースのダッシュボードを使用する対話型ダッシュボードを作成する手順について説明します。 Databricks でのダッシュボードの構築に関する基本的な知識があることを前提としています。 ダッシュボードの作成に関する基本的な手順については、「 はじめに 」を参照してください。

要件

  • Databricksワークスペースにログインしていること。

  • そのワークスペースには SQL 権限があります。

  • 少なくとも 1 つ以上の SQLwareHouse への CAN USE アクセス権を持っています。

ダッシュボードデータセットを作成する

このチュートリアルでは、Databricks のサンプルカタログから生成されたデータを使用します。

  1. サイドバーの [新しいアイコン 新規 ] をクリックし 、メニューから [ダッシュボード ] を選択します。

  2. [データ]タブをクリックします。

  3. 「SQL から作成」をクリックし、次のクエリをエディターに貼り付けます。 次に、 「実行」をクリックして結果を返します。

    SELECT
      *
    FROM
      samples.tpch.customer
    
  4. 新しく定義されたデータセットは、「Untitled データセット」という名前で自動保存されます。 タイトルをダブルクリックし、名前を「マーケティング セグメント」に変更します。

追加する

このパラメータに引数を追加して、返される値をフィルタリングできます。 この例では:segmentです。 ダッシュボードとは何ですか? を参照してください。構文について詳しく学びます。

  1. クエリの下部に次の WHERE 句を貼り付けます。 クエリの下に、ユーザー名segmentのテキスト フィールドが表示されます。

    WHERE
      c_mktsegment = :segment
    
  2. 引数のデフォルト値を設定するには、クエリの下のテキスト フィールドにBUILDINGと入力します。

  3. クエリを再実行して、結果を調べます。

視覚化ウィジェットの構成

次の手順を実行して、キャンバスにデータセットの視覚化を追加します。

  1. [キャンバス]タブをクリックします。

  2. アイコンを作成「 ビジュアリゼーションの追加 」をクリックして ビジュアリゼーション・ウィジェットを追加し、マウスを使用してキャンバスに配置します。

X 軸の設定

  1. 必要に応じて、 [視覚化]ドロップダウン メニューから[バー]を選択します。

  2. X [フィールドの追加] アイコン に沿って表示されるデータをクリックして選択します。 検索バーを使用して、フィールドを名前で検索できます。 [c_nationkey] を選択します。

  3. 選択したフィールド名をクリックすると、追加の設定オプションが表示されます。

    • 「スケール・タイプ」として、「カテゴリー」を選択します。

    • [ 変換] の選択で [ なし] を選択します。

Y軸の設定

  1. Y [フィールドの追加] アイコン軸 の横にある をクリックし 、[ c_acctbal ] を選択します。

  2. 選択したフィールド名をクリックすると、追加の設定オプションが表示されます。

    • 「スケール・タイプ」として、「定量的」を選択します。

    • [ Transform (トランスフォーム )] 選択で [SUM] を選択します。

ビジュアリゼーションは、構成すると自動的に更新されます。 表示されるデータには、 segmentBUILDINGレコードのみが含まれます。

前のステップで説明したように構成された視覚化ウィジェット。

フィルターを追加する

ダッシュボード閲覧者がどのマーケティング セグメントに重点を置くかを制御できるようにフィルターを設定します。

  1. クリックフィルター アイコンフィルター ウィジェットを追加するには、フィルター (フィールド/パラメーター) を追加します。 キャンバスに配置します。

  2. 構成パネルの [ フィルター ] ドロップダウン メニューから、[ 単一値] を選択します。

  3. タイトル 」チェックボックスを選択して、フィルターウィジェットにタイトルフィールドを表示します。

  4. ウィジェットのプレースホルダー タイトルをクリックし、「 Segment 」と入力してフィルターのタイトルを変更します。

  5. クリック[フィールドの追加] アイコン構成パネルの横にあります。

  6. マーケティング セグメントデータセットからセグメントを選択します。

構成されたフィルター ウィジェットには、データセットのデフォルトのパラメーター値が表示されます。

説明したように、フィルター ウィジェットが構成されています。

の選択を定義する

作成したフィルターは機能しますが、閲覧者が選択項目を入力する前に、使用可能な選択肢の範囲を把握しておく必要があります。 また、ユーザーは、希望する _ 値を入力するときに、大文字と小文字、およびスペルを一致させる必要があります。

ドロップダウン リストを作成して、閲覧者が使用可能なオプションのリストから 構造体 を選択できるようにするには、新しい 構造体 を作成して、可能な値のリストを定義します。

  1. [データ]タブをクリックします。

  2. 新しいデータセットを作成するには、 「SQL から作成」をクリックします。

  3. 以下をコピーしてエディターに貼り付けます。

    SELECT
      DISTINCT c_mktsegment
    FROM
      samples.tpch.customer
    
  4. クエリを実行し、結果を調べます。 表の 5 つのマーケティング セグメントが結果に表示されます。

  5. 自動生成されたタイトルをダブルクリックし、このデータセットの名前を「セグメント選択」に変更します。

フィルターを更新する

既存のフィルターを更新して、作成したデータセットを使用して、ユーザーが選択できる値のドロップダウン リストを入力します。

  1. [ キャンバス] をクリックします。 次に、前のステップで作成したフィルター ウィジェットをクリックします。

  2. [フィールド ] の横にある をクリックします[フィールドの追加] アイコン

  3. [ セグメントの選択] をクリックし、フィールド名 c_mktsegmentをクリックします。

フィルター ウィジェットは、構成を変更すると更新されます。 フィルター ウィジェットのフィールドをクリックすると、ドロップダウン メニューに使用可能な選択肢が表示されます。

注:

このチュートリアルには、クエリベースの引数の使用方法を示すための簡略化されたユースケースが含まれています。 このダッシュボードを作成する別の方法は、 c_mktsegment フィールドにフィルターを適用することです。

説明されているように、フィールドで構成されたフィルターウィジェット。

次のステップ

ダッシュボードの操作方法については、次の記事を参照してください。