開発環境

プレビュー

この機能は プライベート プレビュー段階です。 お試しになるには、Databricks の担当者にお問い合わせください。

別のRAG Studioドキュメントをお探しですか?RAGドキュメントインデックスに移動

RAG Studioアプリケーションは、ローカル環境を使用して開発されます。 以下のステップに従って、開発環境を構成します。

ヒント

🚧 ロードマップ 🚧 IDEとしてDatabricksノートブックのみを使用したRAG Studioアプリの開発のサポート。

  1. Databricks CLI のインストール手順に従って、開発用マシンに Databricks CLI をインストールまたはアップグレードします。

    警告

    互換性のない古い Databricks CLI バージョンを使用すると、エラーが生成されます。 その場合は、 アップグレード手順に従ってください

  2. 個人用アクセストークンまたは OAuth ユーザー対マシン (U2M) 認証を使用するための手順に従って、Databricks CLI を認証します。

    注:

    RAG Studioの 必要なインフラストラクチャを作成するのと同じワークスペースを使用する必要があります。

  3. Python 環境をセットアップする

    1. Python 3.10 をインストールする

      警告

      RAG StudioはPython 3.10でテスト済みです。 より新しいバージョンの Python を使用することもできますが、Python 3.10 を使用することをお勧めします。

    2. 任意の仮想環境マネージャーを使用して、仮想環境を作成します。

      注:

      技術的にはオプションですが、RAGアプリケーションを作成した後、RAG Studioの requirements.txtをインストールするため、仮想環境を使用することを強くお勧めします。