Databricks へのプライベート接続を構成する

この記事では、ユーザーと Databricks ワークスペース間のプライベート接続について説明します。 コントロール プレーンからクラシック コンピュート プレーンへのプライベート接続を構成する方法については、 「クラシック コンピュート プレーンのネットワーク」を参照してください。

Databricks へのプライベート接続の概要

AWS PrivateLink は、トラフィックをパブリックネットワークに公開することなく、AWS VPC およびオンプレミスネットワークから AWS のサービスへのプライベート接続を提供します。 Databricks では、PrivateLink を使用して、ユーザーとアプリケーションが VPC インターフェイス エンドポイント経由で Databricks に接続できるようにサポートされています。 この接続は、Web アプリケーション、REST API、Databricks Connect API に接続するときにサポートされます。

必要に応じて、ワークスペースのプライベート接続を必須にすることができます (つまり、Databricks はパブリック ネットワーク経由の接続を拒否します)。 ワークスにプライベート接続を義務付けるには、ユーザーから Databricks へのプライベート接続と、コントロール プレーンからコンピュート プレーンへのプライベート接続を構成する必要があります。

PrivateLink は、ワークスペースの作成中または既存のワークスペースで有効にできます。 Databricks へのプライベート接続を有効にするには、「 AWS PrivateLink を有効にする」を参照してください。