クエリ履歴

クエリ履歴に は、SQLウェアハウスを使用して実行されたSQLクエリが表示されます。 クエリ履歴には、過去 30 日間のクエリ データが保持され、その後自動的に削除されます。

注:

ワークスペースで serverless コンピュート パブリック プレビューが有効になっている場合は、クエリ履歴に、データベースとジョブの serverless コンピュート で実行されたすべてのSQLとPythonクエリも含まれます。 ドイツ語についてはサーバレス コンピュートを参照してください。

この画面から入手できる情報を使用して、クエリに関する問題のデバッグに役立てることができます。

このセクションでは、UI を使用してクエリ履歴を操作する方法について説明します。 API を使用してクエリ履歴を操作するには、 「クエリー履歴 API」を参照してください。

重要

SQL クエリのクエリ履歴に記録される時間は、SQL ウェアハウスが実際にクエリの実行に費やした時間のみです。 内部キューイングなど、クエリの実行準備に関連する追加のオーバーヘッドや、データのアップロードおよびダウンロードプロセスに関連する追加の時間は記録されません。

クエリ履歴の表示

クエリのすべての実行履歴を表示するには、次のようにします。

  1. クリック履歴アイコンサイドバーに履歴ーあります

  2. 必要に応じて、「 期間 」をクリックして、期間でリストをソートします。 デフォルトでは、リストは開始時間で並べ替えられます。

  3. クエリの名前をクリックすると、SQL コマンドや実行の詳細などの詳細が表示されます。

ユーザー、日付範囲、SQL ウェアハウス、クエリ ステータスごとにリストをフィルタリングできます。

CAN_MANAGE権限を持たない管理者ユーザーの場合は、自分のクエリのみを書き込みー履歴で表示できます。

注:

所有者として実行権限を持つユーザーが CAN RUN 権限を持つ別のユーザーと共有したクエリは、クエリを共有したユーザーではなく、クエリを実行したユーザーのクエリ履歴に表示されます。

クエリの詳細を表示する

クエリの期間、SQL コマンド、返された行数、I/O パフォーマンスなどのクエリに関する詳細を表示するには、次の手順を実行します。

  1. クエリ履歴を表示します。

  2. クエリの名前をクリックします。

    クエリ履歴の詳細

    各タスクに費やした時間、返された行、I/O パフォーマンスなど、クエリのパフォーマンスに関する簡単な情報が表示されます。

  3. 実行計画など、クエリのパフォーマンスに関する詳細情報を表示するには、ページの下部にある[クエリ プロファイルの表示]をクリックします。 詳細については、「 クエリ プロファイル」を参照してください。

実行中のクエリを終了する

自分または別のユーザーが開始した実行時間の長いクエリを終了するには、次のようにします。

  1. クエリ履歴を表示します。

  2. クエリの名前をクリックします。

  3. [ステータス] の横にある [キャンセル] をクリックします。

    注:

    [キャンセル] は、クエリの実行中にのみ表示されます。

クエリが終了し、ステータスが [キャンセル済み] に変わります。