ワークスペースオブジェクトをフォルダに整理する

この記事では、フォルダを使用してワークスペースオブジェクトを整理する方法について説明します。

フォルダ

フォルダには、ワークスペース内のすべての静的アセット (ノートブック、ライブラリ、ファイル (Databricks Runtime 11.2 以降)、エクスペリメント、その他のフォルダ) が含まれます。アイコンは、フォルダに含まれるオブジェクトの種類を示します。フォルダ名をクリックしてフォルダを開閉すると、その内容が表示されます。

フォルダを開く

フォルダに対してアクションを実行するには、フォルダの右側にあるをクリックし ダウンキャレット 、メニュー項目を選択します。

フォルダメニュー

特別なフォルダ

Databricks ワークスペースには、ワークスペース、共有、ユーザーの 3 つの専用フォルダがあります。専用フォルダの名前を変更したり、フォルダを移動したりすることはできません。

ワークスペースのルートフォルダ

ワークスペースのルートフォルダーに移動するには、次の手順を実行します。

  1. サイドバーで、[ワークスペース] をクリックします。

  2. アイコンをクリックします 左にスクロールするアイコン

ワークスペースのルートフォルダには、組織の持つすべての Databricks 静的アセットが保存されます。

ワークスペースルート

ワークスペースのルートフォルダ内:

  • 共有アイコン [共有] は、組織全体でオブジェクトを共有するためのものです。すべてのユーザーは、Shared のすべてのオブジェクトに対する完全な権限を持っています。

  • ユーザーアイコン [ユーザー] には、各ユーザーのフォルダーが含まれます。

デフォルトでは、ワークスペースのルートフォルダとそれに含まれるすべてのオブジェクトを すべてのユーザーが使用できます権限を設定することで、オブジェクトを管理およびアクセスできるユーザーを制御できます。

すべてのオブジェクトをアルファベット順またはすべてのフォルダでタイプ別に並べ替えるには、ワークスペースフォルダの右側にあるをクリックし ダウンキャレット 、[ >並べ替え [アルファベット順|タイプ]:

ワークスペースソート

ユーザーのホームフォルダ

各ユーザーは、ノートブックとライブラリ用のホームフォルダ を持ちます。

ワークスペースラベル > ホームフォルダ

デフォルトでは、このフォルダー内のオブジェクトはそのユーザーに限定されます。

注:

ワークスペースから ユーザーを削除して も、そのユーザーのホームフォルダーは保持されます。 ワークスペースにユーザーを再度追加すると、そのユーザーのホームフォルダーが復元されます。

ワークスペースオブジェクトの操作

ワークスペースのルート フォルダーに格納されるオブジェクトは、 フォルダーノートブックファイル ( Databricks Runtime 11.2 以降)、 ライブラリエクスペリメントです。 ワークスペース オブジェクトに対してアクションを実行するには、オブジェクトを右クリックするか、オブジェクトの右側にある をクリックします メニュードロップダウン

オブジェクトメニュー

ドロップダウンメニューから、次の操作を行えます。

  • オブジェクトがフォルダの場合:

  • オブジェクトのクローンを作成します。(ファイルのクローンは作成できません。)

  • オブジェクトの名前を変更します。

  • オブジェクトを別のフォルダに移動します。

  • オブジェクトをゴミ箱に移動します。 オブジェクトの削除を参照してください。

  • フォルダまたはノートブックを Databricks アーカイブとしてエクスポートします。

  • オブジェクトがノートブックの場合は、ノートブックのファイルパスをコピーします。

  • オブジェクトに対する権限を設定します。

この記事に記載されている手順に加え、以下も実行できます。

最近使用したオブジェクトにアクセスする

最近使用したオブジェクトにアクセスするには、サイドバーの「最近使った項目」をクリックするか、ワークスペースのランディングページで「 最近のアイテムアイコン 最近 使った項目」列をクリックします。

注:

ブラウザのキャッシュと Cookie を削除すると、[最近] リストがクリアされます。

オブジェクトを移動する

オブジェクトを移動するには、オブジェクトをドラッグアンドドロップするか、オブジェクトの右側にあるまたは をクリックして メニュードロップダウン ダウンキャレット[移動 ]を選択します。

オブジェクトを移動する

フォルダ内のすべてのオブジェクトを別のフォルダに移動するには、ソースフォルダで 移動」アクションを選択し、「 <folder-name>フォルダ自体ではなく 内のすべての項目を移動 」チェックボックスを選択します。

フォルダの内容を移動する

オブジェクトを削除する

フォルダー、ノートブック、ライブラリ、リポジトリ、またはエクスペリメントを削除するには、オブジェクトの右側にある メニュードロップダウン または をクリックし ダウンキャレット 、[ゴミ箱に移動 ] を選択します。ごみ箱フォルダの内容は、 30日後に自動的に完全に削除されます。

ごみ箱内のオブジェクトを完全に削除するには、オブジェクトの右側にあるを選択し メニュードロップダウン 、[すぐに削除]を選択します。

すぐに削除

ごみ箱内のすべてのオブジェクトを完全に削除するには、[ごみ箱] フォルダーの右側にある を選択し メニュードロップダウン 、[ ごみ箱を空にする] を選択します。

ゴミ箱を空にする

Databricks CLI で databricks workspace delete または databricks workspace rm コマンドを使用し、 POST /api/2.0/ワークスペース/delete を使用してオブジェクトを削除することもできます操作をワークスペース API 2.0 で定義します。

注:

Databricks CLI または Workspace API 2.0 を使用してオブジェクトを削除すると、オブジェクトはゴミ箱フォルダーに表示されません。

オブジェクトを復元する

オブジェクトを復元するには、ごみ箱フォルダから ゴミ箱 別のフォルダにオブジェクトをドラッグします。