生成された SQL ダッシュボード を使用する

プレビュー

この機能はパブリックプレビュー段階です。

このページでは、モニターの実行時に自動的に作成されるダッシュボードについて説明します。

モニターを実行すると、モニターによって主要なメトリクス コンピュートを表示する Databricks SQL ダッシュボードが作成されます。 デフォルトのダッシュボード設定に含まれるビジュアライゼーションはプロファイルタイプによって異なり、さまざまなメトリクスがセクションに編成されています。 ダッシュボードの左側には、テーブルとチャートに含まれるメトリクスと統計のリストが表示されます。

ダッシュボードには、ダッシュボード全体と各グラフの両方に対してユーザーが編集可能なパラメーターがあり、日付範囲、データスライス、モデルなどをカスタマイズできます。 表示されるグラフを変更したり、新しいグラフを追加したりすることもできます。

ダッシュボードはユーザーのアカウントで作成され、Databricks SQL ダッシュボードと同様にカスタマイズおよび共有できます。 新しいグラフの追加、グラフの編集、クエリーの表示など、Databricks SQL ダッシュボードの使用とカスタマイズに関する一般的な情報については、「 Databricks SQL ダッシュボード」を参照してください。

ダッシュボード の更新

ダッシュボードには、モニターで計算されたメトリクスが表示されます。 ダッシュボードに表示される値を更新するには、UI またはAPI を使用してモニターの更新をトリガーするか、スケジュールされた実行( UIAPI )を設定する必要があります。ダッシュボードからメトリクスを更新することはできません。 ダッシュボードを変更しても、統計は再計算されません。

メトリクステーブルとモニターによって生成されたダッシュボードは別々に更新されます。 モニターの更新をトリガーすると、メトリクステーブルは更新されますが、ダッシュボードは自動的に更新されません。 ダッシュボードに表示されるデータを更新するには、ダッシュボードの [更新 ] ボタンをクリックします。

同様に、ダッシュボードの [更新 ] をクリックしても、モニターの計算はトリガーされません。 代わりに、ダッシュボードがビジュアライゼーションの生成に使用するメトリクス テーブルに対してクエリーを実行します。 ダッシュボードに表示されるビジュアライゼーションの作成に使用されるテーブルのデータを更新するには、モニターを更新してからダッシュボードを更新する必要があります。

表示する データの選択

ダッシュボードの上部にあるウィジェットを使用して、含めるデータを制御します。

ノートブックにあるリンクからダッシュボードを開く場合は、 すべてのフィルターを選択する必要があります。 そうしないと、グラフはすべてのタイム ウィンドウのデータを結合し、結果が誤解を招く可能性があります。 カタログ エクスプローラの UI からダッシュボードを開くと、セレクタが事前設定されています。

スクリーンショットは、 Snapshot 分析のフィルターを示しています。 TimeSeries および InferenceLog 分析では、追加のセレクターが表示されます。

モニターダッシュボードのセレクター