Databricks Git フォルダーのエラーとトラブルシューティング

一般的なエラー メッセージに対応するか、Databricks Git フォルダーに関する問題のトラブルシューティングを行うには、以下のガイダンスに従ってください。

Invalid credentials

次のことを試してください。

  • Git 連携設定 ([ユーザー設定 ] > [ リンクされたアカウント]) が正しいことを確認します。

    • Git プロバイダーのユーザー名とトークンの両方を入力する必要があります。

  • ** ユーザー設定** > **リンクされたアカウント] で正しい Git プロバイダーを選択していることを確認します。

  • 個人用アクセストークンまたはアプリ パスワードに正しい リポジトリ アクセス権があることを確認します。

  • Git プロバイダーで SSO が有効になっている場合は、SSO のトークンを承認します。

  • Git コマンドラインでトークンをテストします。 山括弧内のテキスト文字列を置き換えます。

    git clone https://<username>:<personal-access-token>@github.com/<org>/<repo-name>.git
    

Secure connection...SSL problems

このエラーは、Git サーバーに Databricks からアクセスできない場合に発生します。 プライベート Git サーバーにアクセスするには、Databricks アカウント チームにお問い合わせください

<link>: Secure connection to <link> could not be established because of SSL problems

タイムアウト エラー

大きな リポジトリの複製や大きなブランチのチェックアウトなどのコストの高い操作では、タイムアウト エラーが発生する可能性がありますが、操作はバックグラウンドで完了する可能性があります。 また、その時点でワークスペースに大きな負荷がかかっていた場合は、後で再試行することもできます。

大きなリポジトリを操作するには、 スパース チェックアウトを試してください。

404 エラー

ノートブック以外のファイルを開こうとしたときに 404 エラーが発生した場合は、数分待ってからもう一度やり直してください。 ワークスペースが有効になってから Web アプリが構成フラグを取得するまでの間には、数分の遅延があります。

切り離されたヘッド状態

Databricks Git フォルダーは、次の場合にデタッチされたヘッド状態になる可能性があります。

  • リモートブランチが削除されます。 Databricks は、既定のブランチに変更を適用することで、ブランチ上のコミットされていないローカルの変更を回復しようとしました。 デフォルト ブランチに競合する変更がある場合、Databricks はデフォルト ブランチ (デタッチされたヘッド) のスナップショットに変更を適用します。

  • ユーザーまたはサービス プリンシパルが 、'update repo' API を使用してタグのリモート リポジトリをチェックアウトしました。

この状態から回復するには、次のようにします。

  1. [ create branch ] ボタンをクリックして、現在のコミットに基づいて新しいブランチを作成するか、[ブランチの選択] ドロップダウンを使用して既存のブランチをチェックアウトします。

  2. 変更を保持する場合は、コミットしてプッシュします。 変更を破棄するには、[ 変更]の下のケバブをクリックします。

ノートブック名の競合 を解決する

同じまたは類似したファイル名を持つ異なるノートブックは、リポジトリまたはプル要求を作成するときにエラーを引き起こす可能性があります ( Cannot perform Git operation due to conflicting namesA folder cannot contain a notebook with the same name as a notebook, file, or folder (excluding file extensions).

名前の競合は、ファイル拡張子が異なる場合でも発生する可能性があります。 たとえば、次の 2 つのファイルが競合します。

  • notebook.ipynb

  • notebook.py

図: ノートブック、ファイル、またはフォルダーの名前の競合。

名前の競合 を解決するには

  • エラー状態の原因となっているノートブック、ファイル、またはフォルダーの名前を変更します。

    • リポジトリを複製するときにこのエラーが発生した場合は、リモート Git リポジトリ内のノートブック、ファイル、またはフォルダーの名前を変更する必要があります。

エラーは再クローン作成を示唆しています

There was a problem with deleting folders. The repo could be in an inconsistent state and re-cloning is recommended.

このエラーは、リポジトリからフォルダーを削除中に問題が発生したことを示します。 これにより、リポジトリが一貫性のない状態になり、削除されるべきフォルダーがまだ存在する可能性があります。 このエラーが発生した場合、Databricks では、リポジトリを削除して再複製し、状態をリセットすることをお勧めします。

No experiment...found または MLflow UI エラー

3.72 プラットフォーム リリースより前に最後にログ記録された MLflow ノートブック エクスペリメントで作業するときに、Databricks エラー メッセージ No experiment for node found または MLflow のエラーが表示される場合があります。このエラーを解決するには、そのエクスペリメントに関連付けられているノートブックに新しい実行を記録します。

これはノートブック体験にのみ適用されます。 Git フォルダーでの新しいエクスペリメントの作成はサポートされていません

ノートブックは、ユーザーによる編集が表示されずに変更されたものとして表示されます

ノートブックのすべての行がユーザーによる編集なしで変更されているように見える場合、その変更は行末文字の変更である可能性があります。 Databricks は Linux スタイルの LF 行末文字を使用しており、これは Windows システムからコミットされたファイルの行末文字とは異なる場合があります。

ノートブックが変更済みとして表示されているにもかかわらず、明らかなユーザー編集が確認できない場合、その「変更」は、通常は表示されない「行末」文字の変更である可能性があります。 行末文字は、オペレーティング・システムやファイル・フォーマットによって異なる場合があります。

この問題を診断するには、 .gitattributes ファイルがあるかどうかを確認します。 その場合、次のようになります。

  • * text eol=crlfを含めることはできません。

  • 環境として Windows を使用していない場合は、設定を削除してください。 ネイティブ開発環境と Databricks はどちらも Linux の行末文字を使用します。

  • Windows を使用している場合は、設定を* text=autoに変更します。 Git は、すべてのファイルを Linux スタイルの行末で内部的に保存するようになりましたが、プラットフォーム固有 (Windows など) の行末文字に自動的にチェックアウトします。

Windows の行末文字を含むファイルを Git にすでにコミットしている場合は、次のステップを実行します。

  1. 未処理の変更をすべてクリアします。

  2. 上記の推奨事項で .gitattributes ファイルを更新します。 変更をコミットします。

  3. git add --renormalizeを実行します。 すべての変更をコミットしてプッシュします。