IPython カーネル

IPython カーネルは、Python コードを実行するための Jupyter カーネルです。Jupyter およびその他の互換性のあるノートブックは、Python ノートブック コードの実行に IPython カーネルを使用します。

Databricks Runtime 11.0 以降では、Python ノートブックは IPython カーネルを使用して Python コードを実行します。

Databricks Runtime 11.2 以降では、Python ノートブックの ipykernel に入力を渡すことができます。これにより、Python デバッガーなどの対話型ツールをノートブックで使用できます。 Python デバッガーの使用方法を示すノートブックの例については、「 Python ノートブックでのデバッグ」を参照してください

IPythonカーネル を使用する利点

IPython カーネルを使用すると、Databricks は Jupyter ノートブック用に構築された Open ツールのサポートを向上させることができます。 Databricks で IPython カーネルを使用すると、IPython の表示および出力ツールのサポートが追加されます。 詳細については、「 IPython.core.display 」を参照してください。 また、IPython カーネルは、ノートブックによって作成された子プロセスの stdout 出力と stderr 出力をキャプチャし、その出力をノートブックのコマンド結果に含めることができます。

既知の問題

IPython コマンドは update_display 現在のセルの出力のみを更新します。