Git 資格情報を構成し、リモート リポジトリを Databricks に接続する

この記事では、Databricks Git フォルダー (旧名 Repos) を使用してリモート リポジトリに接続できるように、Databricks で Git 資格情報を構成する方法について説明します。

サポートされている Git プロバイダー (クラウドおよびオンプレミス) のリストについては、 「サポートされている Git プロバイダー」を参照してください。

GitHub と GitHub AE

以下の情報は、GitHub および GitHub AE のユーザに適用されます。

PAT の代わりに Databricks GitHub アプリを使用する理由

Databricks Git フォルダーを使用すると、ホストされた GitHub アカウントを使用している場合、PAT の代わりにユーザー認証に Databricks GitHub アプリを選択できます。 GitHub アプリを使用すると、PAT に比べて次の利点があります。

  • ユーザー認証には OAuth 2.0 を使用します。 OAuth 2.0 repo トラフィックは、強力なセキュリティのために暗号化されています。

  • 統合が容易で(下記のステップを参照)、トークンを個別に追跡する必要がありません。

  • トークンの更新は自動的に処理されます。

  • 統合のスコープを特定のアタッチされた Git repoにすることができ、アクセスをよりきめ細かく制御できます。

重要

標準の OAuth 2.0 統合に従って、Databricks はユーザーのアクセス トークンと更新トークンを格納し、他のすべてのアクセス制御は GitHub によって処理されます。 アクセス トークンと更新トークンは、GitHub の既定の有効期限ルールに従っており、アクセストークンは 8 時間後に期限切れになります (これにより、資格情報が漏洩した場合のリスクが最小限に抑えられます)。 更新トークンの有効期間は、未使用の場合 6 か月です。 リンクされた資格情報は、非アクティブな状態が 6 か月続くと期限切れになり、ユーザーは再構成する必要があります。

必要に応じて、 顧客マネージド キー (CMK) を使用して Databricks トークンを暗号化できます。

個人用アクセストークン を使用して GitHub リポジトリに接続する

GitHub で、次の手順に従って、リポジトリへのアクセスを許可する個人用アクセストークンを作成します。

  1. ページの右上隅にあるプロフィール写真をクリックし、[ 設定]をクリックします。

  2. [ 開発者設定] をクリックします。

  3. [ 個人用アクセストークン ] タブをクリックします。

  4. [ 新しいトークンの生成 ] ボタンをクリックします。

  5. トークンの説明を入力します。

  6. リポジトリ のスコープと ワークフロー のスコープを選択し、[トークンの生成] ボタンをクリックします。ワークフロースコープは、リポジトリに GitHub アクションワークフロー がある場合に必要です。

  7. トークンをクリップボードにコピーします。 このトークンは、Databricks の [ ユーザー設定] > [リンクされたアカウント] に入力します。

シングル・サインオンを使用するには、 SAML シングル・サインオンで使用するための個人用アクセストークンの許可を参照してください。

きめ細かい個人アクセス権を使用して GitHub リポジトリに接続する

GitHub で、次のステップに従って、リポジトリへのアクセスを許可する詳細な PAT を作成します。

  1. ページの右上隅にあるプロフィール写真をクリックし、[ 設定]をクリックします。

  2. [ 開発者設定] をクリックします。

  3. 左側のペインで「粒度の細かいトークン」タブをクリックします。

  4. ページの右上にある[新しいトークンの生成]ボタンをクリックして、[新しいきめ細かな個人アクセストークン]ページを開きます。

    GitHub トークンを生成する
  5. 次の設定から新しいきめの細かいトークンを構成します。

    • トークン名: 一意のトークン名を指定します。 忘れたり紛失したりしないように、どこかに書き留めておきましょう!

    • Expiration : トークンの有効期限を選択します。 デフォルトは「30日」です。

    • 説明: トークンの目的を説明する短いテキストを追加します。

    • リソース所有者: デフォルトは現在の GitHub ID です。 別のアカウント ID または GitHub 組織に設定することもできます。

    • [リポジトリ アクセス]で、トークンのアクセス スコープを選択します。 ベスト プラクティスとして、Git フォルダーのバージョン管理に使用するリポジトリのみを選択します。

    • [権限]で、作業するリポジトリとアカウントに対してこのトークンによって付与される特定のアクセス レベルを構成します。 権限グループの詳細については、GitHub ドキュメントの「きめ細かい個人アクセスに必要な権限」を参照してください。

  6. 「トークンの生成」ボタンをクリックします。

  7. トークンをクリップボードにコピーします。 このトークンは、Databricks の [ ユーザー設定] > [リンクされたアカウント] に入力します。

GitLab

GitLab で、次の手順に従って、リポジトリへのアクセスを許可する個人用アクセストークンを作成します。

  1. GitLab から、画面の左上隅にあるユーザー アイコンをクリックし、 [設定]を選択します。

  2. サイドバーの 「アクセストークン 」をクリックします。

  3. ページの [個人アクセス] セクションで[新しいトークンの追加]をクリックします。

    GitLabトークンを生成する
  4. トークンの名前を入力します。

  5. アクセス権を付与する特定のスコープを選択するには、目的のアクセス許可レベルのチェックボックスをオンにします。 スコープ オプションの詳細については、 PAT スコープに関する GitLab ドキュメントを参照してください。

  6. [個人アクセス権の作成]をクリックします。

  7. トークンをクリップボードにコピーします。 このトークンを Databricks の [ ユーザー設定] > [リンクされたアカウント] に入力します。

個人用アクセストークンを作成および管理する方法の詳細については、 GitLab のドキュメント を参照してください。

GitLab では、「プロジェクト アクセス スタンス」を使用したきめ細かなアクセスのサポートも提供しています。 Project ACCESS を使用すると、GitLab プロジェクトへのアクセス範囲を指定できます。 詳細については、 プロジェクト アクセスに関する GitLab のドキュメントを参照してください。

AWS CodeCommit

AWS CodeCommit で、以下のステップに従って、リポジトリへのアクセスを許可する HTTPS Git 認証情報 を作成します。

  1. AWS CodeCommit で、リポジトリへのアクセスを許可する HTTPS Git 認証情報を作成します。 AWS CodeCommit のドキュメントを参照してください。関連付けられた IAM ユーザーには、リポジトリに対する「読み取り」および「書き込み」アクセス許可が必要です。

  2. パスワードを記録します。 このパスワードは、Databricks の [ ユーザー設定] > [リンクされたアカウント] に入力します。

Azure DevOps サービス

トークンを使用して Azure DevOps リポジトリに接続する

次の手順では、Databricks repo が同じ Microsoft Entra ID テナントにない場合に、Azure DevOps repo に接続する方法を示します。

Microsoft Entra ID のサービス エンドポイントは、Databricks ワークスペースのプライベート サブネットとパブリック サブネットの両方からアクセスできる必要があります。 詳細については、「VPC ピアリング」を参照してください。

Azure DevOps のリポジトリのアクセストークンを取得します。

  1. dev.azure.com に移動し、 次に、Databricks を接続するリポジトリを含む DevOps 組織にサインインします。

  2. 右上の [ユーザー設定] アイコンをクリックし、[ 個人用アクセストークン] を選択します。

  3. [ + 新しいトークン] をクリックします。

  4. フォームに情報を入力します。

    1. トークンに名前を付けます。

    2. リポジトリ名である組織名を選択します。

    3. 有効期限を設定します。

    4. [ フル アクセス] など、必要なスコープを選択します。

  5. 表示されたアクセストークンをコピーします。

  6. このトークンを Databricks の [ ユーザー設定] > [リンクされたアカウント] に入力します。

  7. [ Git プロバイダーのユーザー名] または [Eメール] に、DevOps 組織へのログインに使用する Eメール アドレスを入力します。

Azure DevOps では、次の手順に従って、リポジトリのアクセス トークンを取得します。 Azure DevOps のドキュメントには、Azure DevOps の 個人用アクセストークンに関する詳細情報が含まれています。

  1. dev.azure.com に移動し、 次に、Databricks を接続するリポジトリを含む DevOps 組織にサインインします。

  2. 右上の [ユーザー設定] アイコンをクリックし、[ 個人用アクセストークン] を選択します。

  3. [ + 新しいトークン] をクリックします。

  4. フォームに情報を入力します。

    1. トークンに名前を付けます。

    2. リポジトリ名である組織名を選択します。

    3. 有効期限を設定します。

    4. [ フル アクセス] など、必要なスコープを選択します。

  5. 表示されたアクセストークンをコピーします。

  6. このトークンを Databricks の [ ユーザー設定] > [リンクされたアカウント] に入力します。

  7. [ Git プロバイダーのユーザー名] または [Eメール] に、DevOps 組織へのログインに使用する Eメール アドレスを入力します。

Bitbucket

注:

Databricks は、Bitbucket リポジトリへのアクセスやプロジェクトへのアクセスをサポートしていません。

Bitbucket で、次の手順に従って、リポジトリへのアクセスを許可するアプリ パスワードを作成します。

  1. Bitbucket クラウドに移動し、リポジトリへのアクセスを許可するアプリパスワードを作成します。 Bitbucket クラウドのドキュメントを参照してください。

  2. パスワードは安全な方法で記録してください。

  3. Databricks で、[ ユーザー設定] > [リンクされたアカウント] の下にこのパスワードを入力します。

他の Git プロバイダー

Git プロバイダーがリストにない場合は、「GitHub」を選択し、Git プロバイダーから取得した PAT を指定すると機能することがよくありますが、機能することが保証されているわけではありません。