サポート

この記事では、専用のDatabricksサポートを備えたプランを利用するユーザーがサポートケースを開いてそれを管理する方法について説明します。

組織にDatabricksサポート サブスクリプションがない場合、または会社のサポート サブスクリプションの認定担当者ではない場合は、 Databricksヘルプ センターで多くの質問に対する回答を見つけることができます。 Databricks on AWS GovCloud上の Databricks については、 Gov ヘルプセンターを参照してください。

Databricksサポートの要件

組織は Databricks サポート契約を結んでいる必要があり、Eメール アドレスは承認されたサポート連絡先として登録されている必要があります。 連絡先の作成と有効化を参照してください。

Databricksサポート契約の購入について詳しく知りたい場合は、このリクエストフォームを介してお問い合わせください。

Databricksヘルプセンターにログインする

ヘルプセンターは、Databricksサポートの送信と管理を行う場所です。ログインするには、help.databricks.com にアクセスし、[ログイン]をクリックします。Databricksアカウントのログイン情報を使用してログインできます。Databricksサポートの資格情報を使用してログインする場合は、[Databricks Workspaceのアカウントをお持ちですか?] の横にあるリンクをクリックします。

注:

Databricks on AWSGovCloudAWS については、 https://help.databricks.us/s/ にアクセスしてください。サポートケースに関する輸出規制対象データは、 Databricks GovCloudヘルプセンター以外のチャンネルを通じて共有しないでください。

Databricksサポートケースを作成する

新しいサポートケースを送信するには、ヘルプセンターにログインし、[ケースを送信] ボタンをクリックして必要な情報を入力します。ワークスペース名が [ワークスペース名] ドロップダウンメニューに含まれていない場合は、[追加情報] セクションにワークスペースのワークスペースIDを入力します。

重要:

これによりチケットに関連付けられたサービスレベルアグリーメントが決定されるため、必ず正しいビジネスインパクトを選択してください。サービスレベルアグリーメントの詳細については、Databricksの契約書を参照してください。

Eメールでサポートケースを作成する

また、Eメール help@databricks でサポートケースを送信することもできますcom. Eメール アドレスが承認されたサポート連絡先として登録されていない場合、Databricks サポートがアカウントに代わってケースを送信する権限があることを検証する間、遅延が発生する可能性があります。

開かれたサポートケースを管理する

ケースを送信すると、ケースの詳細ページに自動的にリダイレクトされます。このページでは、以前に追加したコメントを確認したり、ページの下部に新しいコメントを追加したりできます。

新しいコメントの通知メールに直接返信して、サポートケースに応答することもできます。

ケースの詳細ページから移動した後でも、ヘルプセンターのバナーの右上隅にある [マイケース] ボタンをクリックして適切なケース番号を選択すると、いつでもケースの詳細ページへ戻ることができます。

他のユーザーが開いたサポートケースを管理する

他の承認されたサポート連絡先によって開かれたケースを表示またはコメントするには、[マイケース ] ボタンをクリックして[ マイサポート ケース]ページを開き、ドロップダウンメニューから [マイカンパニーオープンケース ]を選択します。 サポート ケースへの対応の詳細については、「 オープンなサポート ケースの管理」を参照してください。

会社のケース

注:

[会社のオープンケース] を選択した後に他のケースが表示されない場合は、組織のプロフィールページでこの機能がオフになっている可能性があります。機能の有効化をリクエストする場合は、Databricksサポートまでお問い合わせください。

サポートケースをクローズする

問題が解決に至り、それ以上のサポートが必要なくなった場合は、ケースの詳細ページで [ケースを閉じる] の青いボタンをクリックします。これにより、ケースが解決済みとしてマークされ、未解決のケースのリストから削除されます。

Databricksサポートから7日間応答がなかった場合、ステータスが [解決済み] のケースは自動的にクローズされます。

サポートケースを再開する

すでにクローズ済みのケースに関してご質問がある場合は、ケースの詳細ページで [ケースを再開する] ボタンをクリックしてください。担当のテクニカルソリューションエンジニアに、問題の調査再開リクエストが自動的に通知されます。

クローズされたケースを検索するには、[マイケース] ボタンをクリックして [マイサポートケース] ページを開き、ドロップダウンメニューから [クローズしたマイケース] を選択します。

サポートケースをエスカレーションする

ビジネスに重大かつ一刻を争う影響がある問題のサポートケースを送信する場合、Databricksサポートでは優先度として [緊急] を選択することを推奨しています。ケースが低い優先度で送信されたものの、時間の経過とともに問題の緊急性が高まった場合は、ケースの詳細ページにある [ケースのエスカレーション] ボタンをクリックすると、ケースに早急な対応が必要であることが当直マネージャーに通知されます。

Databricks契約書に記載されている通り、エスカレーションされたケースの対応SLA は、「緊急」サポートケースの最初の対応のSLAと同じです。

注:

サポート契約に24時間365日のサポートが含まれていない場合は、お住まいの地域の営業時間内に常勤マネージャーからご連絡いたします。

プロフィールを更新する

プロフィールを更新すると、より効果的にDatabricksサポートチームと連絡を取ることができます。プロフィールを更新するには、ヘルプセンターのバナーの右上隅にあるプロフィールアイコンをクリックし、[マイプロフィール] を選択して、プロフィールカードの [編集] ボタンをクリックします。

Eメールまたはサポートケースを通じて連絡が取れない場合、プロフィールに保存されている電話番号にDatabricksサポートから連絡が入る場合があります。タイムゾーンを更新していただくことで、お客様の勤務時間をサポートチームが把握できます。可能な限り、その時間帯に対応可能なテクニカルソリューション・エンジニアを割り当てるよう努力いたします。

注:

サポート アカウントに 24x7 サポートが含まれていない場合、Databricks は、希望する勤務時間中にテクニカル ソリューション エンジニアが割り当てられることを保証できません。 アカウントの営業時間は管理コンソールで設定します。 「 組織の優先タイムゾーンを更新する」を参照してください。

ヘルプセンター管理タスク

組織の登録済みヘルプセンター管理者は、アカウントの登録済みサポート連絡先を追加、削除、変更できます。 また、 グローバル優先タイムゾーンを設定することもでき、サポートケースに関連付けられたSLAに影響します。

管理コンソールにアクセスするには、ヘルプセンターのバナーの右上隅にあるプロフィールアイコンをクリックし、[連絡先の管理] を選択します。

注:

プロフィールメニューに [連絡先の管理] オプションが表示されない場合、そのユーザーにはサポート契約の管理者権限が付与されていません。アカウントの管理者が誰か分からない場合は、Databricksサポートまでお問い合わせください。Databricksのワークスペースに対する管理者権限を持つユーザーが、必ずしもサポート契約に対する管理者権限を持つとは限りません。

ユーザーの作成と有効化

管理コンソールには、Databricksによって現在保存されているアカウントユーザーのリストが表示されます。ユーザーにグレーのステータスボタンが表示される場合、そのユーザーはサポートアクセスに対してアクティブでないことを意味します。ユーザーをアクティブにするには、グレーのステータストグルをクリックします。トグルが緑色に変わり、このユーザーがアクティブになったことを示します。

アクティブなユーザー

新しいユーザーを作成する場合は、[ユーザーの作成] ボタンをクリックし、作成したユーザーに付与するアクセスレベルを選択します。

読み取りおよび書き込みアクセスを設定する

サポート契約に含まれる、サポートケースの作成やコメントを目的としたユーザーへの割り当てシート数は限られています。これに加えて、アクティブなケースを閲覧およびフォローするために使用できるシートのセットが個別に割り当てられます。これらの割り当て内容は、管理コンソールで確認できます。

正規ユーザー

サポートケースの作成や更新を行うためにユーザーをプロビジョニングするには、[アクセス] 列のドロップダウンメニューから [チケットの編集/表示] を選択します。閲覧のみのアクセス権限を特定のユーザーにプロビジョニングする場合は、[ チケットのみを表示] を選択します。

チャット登録

契約にチャットサポートが含まれている場合は、ヘルプセンターのバナーでプロフィールアイコンをクリックし、[チャットを有効にする] を選択します。

チャットを有効にする

Databricksは、Microsoft TeamsおよびSlackでのチャットをサポートしています。チャットの種類としてSlackまたはTeamsのいずれかを選択し、そのチャットチャンネルに参加してもらうアクティブなユーザーをリストから選択します。これらの選択を行った後、[送信] をクリックします。

サポートオペレーションチームは、チャットリクエストのサポートチケットを1~2営業日以内に処理します。

組織の優先タイムゾーンを更新する

優先タイムゾーンの設定により、SLAが有効になる営業時間が決まります。希望のタイムゾーンの閲覧や変更を行うには、[連絡先の管理] をクリックし、ページの右側にあるドロップダウンリストを選択します。優先タイムゾーンを選択すると、その設定は組織内のすべてのユーザーにグローバルに適用されます。

注:

お客様のアカウントに24時間365日のプロダクション・サポートが含まれている場合、優先度が「高い」または「緊急」として申請されたケースは、お客様がどのタイムゾーンを選択したかにかかわらず、すべてのタイムゾーンからの対応を受けることができます。