ノートブックの管理

ノートブックは、UI、CLI、およびワークスペース API を使用して管理できます。 この記事では、UI を使用したノートブック タスクの実行に焦点を当てます。 その他の方法については、「 Databricks CLI とは」「ワークスペース API リファレンス」を参照してください。

ノートブックを作成する

ワークスペースサイドバーの [新規] ボタンを使用する

デフォルトフォルダに新しいノートブックを作成するには、サイドバーの[ 新規 新しいアイコン ]をクリックし、メニューから [ノートブック ] を選択します。

Databricksでは、デフォルトのフォルダに新しい空白のノートブックが作成され、そこでノートブックが開かれます。デフォルトの言語は最後に使用した言語になります。またノートブックは、最後に使用したコンピュートリソースに自動的に添付されます。

任意のフォルダにノートブックを作成する

次の手順に従って、任意のフォルダ(例:共有フォルダ)に新規ノートブックを作成できます。

  1. サイドバーで、[ワークスペースアイコン ワークスペース] をクリックします 。

  2. 任意のフォルダの名前を右クリックして、[作成] > [ノートブック] を選択します。空白のノートブックがワークスペースで開きます。

ノートブックを開く

ワークスペースで、をクリックします ノートブックアイコン。 ノートブックのタイトルにカーソルを合わせると、ノートブックのパスが表示されます。

ノートブックを削除する

ワークスペースメニューにアクセスし、ワークスペース内のノートブックやその他の項目を削除する方法については、「 フォルダーワークスペースオブジェクトの操作 」を参照してください。

ノートブックのパスまたはURLをコピーする

ノートブックを開かずにノートブックのファイルパスまたはURLを取得するには、ノートブック名を右クリックして [コピー] > [パス] または [コピー] > [URL] を選択します。

ノートブックの名前を変更する

開いているノートブックのタイトルを変更するには、タイトルをクリックしてインラインで編集するか、[ファイル] > [名前を変更] をクリックします。

ノートブックへのアクセスを制御する

Databricksアカウントがプレミアムプラン以上である場合、ワークスペースアクセスコントロールを使用してノートブックへのアクセスを制御できます。

エディタ設定を構成する

エディター設定を構成するには、以下の手順に従ってください。

  1. ワークスペースの上部バーでユーザー名をクリックし、ドロップダウンから [ユーザー設定] を選択します。

  2. [ 設定 ] サイドバーで、[ 開発者] を選択します。

クラスターにアタッチされているノートブックを表示する

クラスターの詳細ページの [ノートブック] タブには、クラスターに最近アタッチされたノートブックが表示されます。このタブには、ノートブックのステータスが、ノートブックから最後にコマンドが実行された時刻と並んで表示されます。

ノートブックにアタッチされたクラスター詳細