Databricks ノートブック 間でコードを共有する

この記事では、Python ファイルの作成方法やインポート方法など、ファイルを使用してコードをモジュール化する方法について説明します。

Databricks はマルチタスク ジョブもサポートしており、ノートブックを複雑な依存関係を持つワークフローに結合できます。 詳細については、「 Databricks ジョブの作成と実行」を参照してください。

ファイル を使用してコードをモジュール化する

Databricks Runtime 11.2 以降では、Databricks ワークスペースでソース コード ファイルを作成および管理し、必要に応じてこれらのファイルをノートブックにインポートできます。 Databricks リポジトリを使用して、ファイルを Git リポジトリと同期することもできます。 詳細については、 「Python および R モジュールの操作」および「Databricks Git フォルダーとの Git 統合」を参照してください。

ファイル を作成する

ファイルを作成するには:

  1. ワークスペース内のフォルダーに移動します

  2. フォルダ名を右クリックし 、[>ファイルの作成]を選択します。

  3. ファイルの名前を入力して [ ファイルの作成 ] をクリックするか、 Enter キーを押します。 ファイルがエディター ウィンドウで開きます。 変更は自動的に保存されます。

ファイルを開く

ワークスペース内のファイルに移動してクリックします。 ファイルの名前にカーソルを合わせると、ファイルパスが表示されます。

ノートブック にファイルをインポートする

標準の Python インポート コマンドを使用して、ファイルをノートブックにインポートできます。

次のファイルがあるとします。

関数を定義するファイル

そのファイルをノートブックにインポートし、ファイルで定義されている関数を呼び出すことができます。

ノートブックへのファイルのインポート

ファイル を実行する

エディターからファイルを実行できます。 これはテストに役立ちます。 ファイルを実行するには、コード領域にカーソルを置き、Shift + Enter キーを押してセルを実行するか、セル内のコードを強調表示して Shift + Ctrl + Enter キーを押して、選択したコードのみを実行します。

ファイル を削除する

ワークスペースメニューにアクセスし、ワークスペース内のファイルやその他の項目を削除する方法については、「 フォルダーワークスペースオブジェクトの操作 」を参照してください。

ファイルの名前 を変更する

開いているファイルのタイトルを変更するには、タイトルをクリックしてインライン編集するか、[ ファイル] > [名前の変更] をクリックします。

ファイル へのアクセスを制御する

Databricks アカウントがPremium プラン以上の場合、 ワークスペースのアクセス制御を使用して、ファイルにアクセスできるユーザーを制御できます。