SQL エディターでクエリを記述し、データを探索する

Databricks UI には、クエリの作成、使用可能なデータの参照、視覚化の作成に使用できる SQL エディターが含まれています。 また、保存したクエリをワークスペース内の他のチーム メンバーと共有することもできます。

SQL エディターの UI

エディターを開いた後、SQL クエリを作成したり、使用可能なデータを参照したりできます。 テキストエディタは、オートコンプリート、オートフォーマット、およびその他のさまざまなキーボードショートカットをサポートしています。

テキストエディタの上部にあるクエリタブを使用して、複数のクエリを開くことができます。 各クエリ タブには、クエリの実行、クエリのお気に入りとしてのマーク、および SQLウェアハウスへの接続のためのコントロールがあります。 クエリを 保存スケジュール、または 共有 することもできます。

コンピュートに接続

クエリを実行するには、実行中の SQL ウェアハウスに対して少なくとも CAN USE 権限が必要です。 エディターの上部付近にあるドロップダウンを使用して、使用可能なオプションを確認できます。 リストをフィルタリングするには、テキストボックスにテキストを入力します。

SQLウェアハウスセレクタ

クエリを初めて作成すると、使用可能な SQLウェアハウスの一覧がアルファベット順に表示されます。 最後に使用した SQLウェアハウスは、次回クエリを作成するときに選択されます。

SQLウェアハウスの横のアイコンは、ステータスを示します。

  • ランニング 実行中

  • 始動 開始中

  • 停止 停止

注:

一覧に SQLウェアハウスがない場合は、ワークスペース管理者に問い合わせてください。

クエリを実行すると、選択した SQL ウェアハウスが自動的に再起動します。 SQL ウェアハウスを開始する他の方法については、「SQL ウェアハウスの開始」を参照してください。

SQLエディタでのデータオブジェクトの参照

メタデータの読み取り権限がある場合、SQL エディターのスキーマ ブラウザーに使用可能なデータベースとテーブルが表示されます。 「カタログエクスプローラ」(Catalog Explorer) からデータオブジェクトをブラウズすることもできます。

サンプルカタログ、nyctaxi データベース、trips テーブル、およびそのテーブル内の列を表示するスキーマ ブラウザー。

アクティブなコンピュートを使用せずに、カタログ エクスプローラーで Unity カタログで管理されるデータベース オブジェクトをナビゲートできます。 hive_metastore およびUnity Catalogによって管理されていない他のカタログ内のデータを探索するには、適切な権限でコンピュートにアタッチする必要があります。 データガバナンス with Unity Catalogを参照してください。

注:

スキーマブラウザまたは「カタログエクスプローラ」(Catalog Explorer) にデータオブジェクトが存在しない場合は、ワークスペース管理者に問い合わせてください。

スキーマブラウザの上部付近をクリックして 「スキーマの更新」アイコン 、スキーマを更新します。 検索ボックスにフィルター文字列を入力することで、スキーマをフィルター処理できます。

テーブル名をクリックすると、そのテーブルの列が表示されます。

クエリを作成する

テキストを入力して、SQL エディターでクエリを作成できます。 スキーマ ブラウザーから要素を挿入して、カタログとテーブルを参照できます。

  • SQL エディターにクエリを入力します。

    SQL エディターはオートコンプリートをサポートしています。 入力すると、オートコンプリートによって入力候補が提示されます。 たとえば、カーソル位置の有効な補完が列の場合、オートコンプリートは列名を提案します。 select * from table_name as t where t.と入力すると、オートコンプリートは ttable_name のエイリアスであることを認識し、 table_name内の列を提案します。

    オートコンプリートのエイリアス
  • (オプション)編集が完了したら、「 保存」をクリックします。

オートコンプリートのオンとオフを切り替える

ライブオートコンプリートでは、スキーマトークン、クエリ構文識別子( SELECTJOINなど)、 およびクエリスニペットのタイトルを補完できます。 これは、データベース スキーマが 5,000 個のトークン (テーブルまたは列) を超えない限り、デフォルトによって有効になります。

SQL エディターの下にあるトグルを使用して、ライブオートコンプリートのオンとオフを切り替えます。

  • ライブオートコンプリートをオフにするには、 Ctrl + Space を押すか オートコンプリート有効 、SQL エディターの下にあるボタンをクリックします。

クエリの保存

SQL エディターの右上にある [保存 ] ボタンは、クエリを保存します。

重要

クエリを変更しても明示的に [ 保存] をクリックしない場合、その状態はクエリの下書きとして保持されます。 クエリの下書きは 30 日間保持されます。 30 日が経過すると、クエリの下書きは自動的に削除されます。 変更を保持するには、変更を明示的に保存する必要があります。

複数のクエリを編集する

デフォルトでは、SQL エディターはタブを使用するため、複数のクエリを同時に編集できます。 新しいタブを開くには、[ +] をクリックし、[新しいクエリ の作成 ] または [ 既存のクエリを開く] を選択します。 [ 既存のクエリを開く ] をクリックして、保存されているクエリの一覧を表示します。 [ My Queries ] または [Favorites ] をクリックして、クエリのリストをフィルタリングします。 表示するクエリを含む行で、[ 開く] をクリックします。

クエリダイアログ

1 つのクエリまたは複数のクエリを実行する

クエリまたはすべてのクエリを実行するには、次のようにします。

  1. SQLウェアハウスを選択します。

  2. SQL エディターでクエリを強調表示します (クエリ ペインに複数のクエリがある場合)。

  3. Ctrl/Cmd + Enter キーを押すか、[実行] (1000) をクリックして、結果を結果ウィンドウにテーブルとして表示します。

    クエリ結果

注:

Limit 1000 は、クエリの戻り値を 1000 行に制限するために、すべてのクエリに対してデフォルトによって選択されます。クエリが [制限 1000 ] 設定で保存されている場合、この設定はすべてのクエリ実行 (ダッシュボードを含む) に適用されます。 このクエリのすべての行を返すには、[実行 (1000)] ドロップダウンをクリックして [LIMIT 1000] の選択を解除します。行数に別の制限を指定する場合は、選択した値を使用してクエリに LIMIT 句を追加できます。

クエリを終了する

実行中にクエリを終了するには、[ キャンセル] をクリックします。 管理者は、実行 中のクエリを終了する [実行中のクエリを終了] を表示することで、別のユーザーが開始した実行中のクエリを停止できます。

クエリ オプション

垂直省略記号クエリ エディターの上部付近にあるケバブ コンテキスト メニューを使用して、クエリ情報の複製、元に戻す、書式設定、および編集を行うメニュー オプションにアクセスできます。

保存したクエリに戻す

クエリを編集すると、クエリのコンテキスト メニューに [ 変更を元に戻す ] オプションが表示されます。 「 元に戻す 」をクリックすると、保存したバージョンに戻ることができます。

クエリの破棄と復元

クエリをゴミ箱に移動するには、次のようにします。

  • SQL エディターでクエリの横にあるケバブのコンテキスト メニュー 垂直省略記号 をクリックし、[ゴミ箱 に移動] を選択します。

  • [ ゴミ箱に移動 ] をクリックして確定します。

ごみ箱からクエリを復元するには、次のようにします。

  1. [すべてのクエリ] リストで、 をクリックします ゴミ箱

  2. クエリをクリックします。

  3. SQLエディターの右上にあるケバブのコンテキストメニュー 垂直省略記号 をクリックし、[ 復元]をクリックします。

クエリの説明を設定し、クエリ情報を表示する

クエリの説明を設定するには、次のようにします。

  1. 垂直省略記号クエリの横にあるケバブのコンテキスト メニューをクリックし、[クエリ情報の編集] をクリックします。

    コンテキストメニュー
  2. [ 説明 ] テキスト ボックスに、説明を入力します。 次に、「 保存」をクリックします。 このダイアログでは、クエリの作成日時や更新日時など、クエリの履歴を表示することもできます。

お気に入りクエリとタグ クエリ

お気に入りとタグを使用して、ワークスペースのランディングページ、およびダッシュボードとクエリの各リストページに表示されるクエリとダッシュボードのリストをフィルタリングできます。

お気に入り: クエリをお気に入りに追加するには、[クエリ] リストでタイトルの左側にある星印をクリックします。 星が黄色に変わります。

タグ: クエリとダッシュボードに、組織に対して意味のある文字列でタグを付けることができます。

タグを追加する

クエリエディタでタグを追加します。

  1. 垂直省略記号クエリの横にあるケバブのコンテキスト メニューをクリックし、[クエリ情報の編集] をクリックします。[ クエリ情報 ] ダイアログが表示されます。

  2. クエリにタグが適用されていない場合は、タグが表示されるテキスト ボックスに [タグを追加 ] と表示されます。 新しいタグを作成するには、ボックスにタグを入力します。 複数のタグを入力するには、エントリ間でタブを押します。

    タグを追加
  3. 保存 」をクリックしてタグを適用し、ダイアログを閉じます。

タグの削除

  1. 垂直省略記号クエリの横にあるケバブのコンテキスト メニューをクリックし、[クエリ情報の編集] をクリックします。

  2. 削除するタグの [X ] をクリックします。

  3. 保存 」をクリックしてダイアログを閉じます。

クエリ結果の表示

クエリが実行されると、その下のウィンドウに結果が表示されます。 新しい結果表は、新しい照会に対して ON です。必要に応じて、ドロップダウンをクリックしてオフにします。 このセクションの画像では、新しい結果表を使用します。

結果ウィンドウを使用して、クエリ結果を操作および探索できます。 結果ウィンドウには、結果を探索するための次の機能が含まれています。

視覚化、フィルター、パラメーター

をクリックして プラス記号アイコン 、ビジュアリゼーション、フィルター、またはパラメーターを追加します。 次のオプションが表示されます。

使用可能なオプションが表示されます。

視覚化: 視覚化は、結果セットを調べるのに役立ちます。 使用可能なビジュアリゼーション タイプの完全なリストについては、「 ビジュアリゼーション タイプ 」を参照してください。

フィルター: フィルターを使用すると、クエリの実行後の結果セットを制限できます。 フィルターを適用して、データのさまざまなサブセットを選択的に表示できます。 フィルターの使用方法については、「 クエリ フィルター 」を参照してください。

パラメーター: パラメーターを使用すると、実行時にクエリに値を代入することで、結果セットを制限できます。 パラメーターを適用する方法については、「 クエリ パラメーター 」を参照してください。

結果のダウンロードまたはカスタマイズ

をクリックして ダウンキャレット 、ダウンロードとカスタマイズのオプションを表示します。

結果をカスタマイズまたはダウンロードするオプション。

カスタム テーブルの作成: このオプションを選択すると、新しい [ 結果 ] パネルが開き、UI を使用して元のクエリの結果を変更できます。 テーブルレベルで表示から行番号を削除したり、特定の列を非表示にしたりできます。

テーブルレベルの詳細を表示する結果パネル。

列名をクリックして、1 つの列を変更することもできます。 列の名前と書式は変更できます。 また、表示で使用されるデータ型を変更したり、行を条件付きで書式設定したりすることもできます。

行レベルの詳細を表示する結果パネル。

結果のダウンロード: 結果は、CSV、TSV、または Excel ファイルとしてダウンロードできます。

Databricks SQL から最大約 1 GB の結果データを CSV および TSV 形式でダウンロードし、最大 100,000 行を Excel ファイルにダウンロードできます。

1 GB の制限は、最終的なファイルのダウンロードよりも前のステップに適用されるため、最終的なファイルのダウンロード サイズは 1 GB よりわずかに多い場合もあれば小さい場合もあります。

注:

クエリをダウンロードできない場合は、ワークスペース管理者がワークスペースのダウンロードを無効にしています。

クエリー履歴

クエリの以前の実行 (完全なクエリ構文を含む) を表示できます。 過去の実行は読み取り専用モードで開き、 新しいクエリに複製 または 編集を再開するボタンが含まれます。 このタブには、 スケジュールされた実行は表示されません。

レコードには、特定のクエリ構文を含め、クエリが実行されるたびに表示されます。

結果を確認する

返されたクエリ結果は、クエリの下に表示されます。 [ Raw results ] タブには、返された行が入力されます。 組み込みのフィルターを使用して、値を昇順または降順で並べ替えることができます。 また、フィルターを使用して、特定の値を含む結果行を検索することもできます。

検索で結果をフィルタリングする

結果ウィンドウのタブを使用して、視覚化、フィルター、およびパラメーターを追加できます。

散布図 データのビジュアリゼーションと、新しいビジュアリゼーション、フィルター、またはパラメーターを作成するオプション。

クエリウィンドウで保存されたクエリのリストをフィルタリングする

クエリウィンドウでは、作成したクエリのリスト(マイクエリ)、お気に入り、およびタグですべてのクエリのリストをフィルタリングできます。

更新の自動化

[スケジュール] ボタンを使用して、クエリ実行の自動頻度を設定できます。自動更新は、ダッシュボードとレポートを最新のデータで最新の状態に保つのに役立ちます。 スケジュールされたクエリでは、値が指定されたしきい値に達したときに通知を送信する特殊な種類のスケジュールされたタスクである Databricks SQL アラートを有効にすることもできます。

クエリのスケジュール」を参照してください。

Databricks SQL アラートとは」を参照してください。

クエリを共有する

[共有]ボタンを使用すると、ワークスペース内の他のユーザーとクエリを共有できます。 共有する場合は、次のオプションから選択します。

  • 所有者として実行 (所有者の資格情報): この設定は、閲覧者がクエリ所有者と同じクエリ結果を表示できることを意味します。これは、スケジュールされたクエリ実行または手動クエリの実行に適用されます。

  • ビューとして実行 (閲覧者の資格情報): この設定では、閲覧者に割り当てられたアクセス許可に結果が制限されます。

クエリのアクセス許可を構成する」を参照してください。

次のステップ

Databricks UI でクエリを操作する方法については、「 保存されたクエリへのアクセスと管理 」を参照してください。