ダッシュボード

ダッシュボードを使用すると、データの視覚化を構築し、有益なデータインサイトをチームと共有できます。 ダッシュボードの最新バージョンでは、強化された視覚化ライブラリと合理化された構成エクスペリエンスが備わっており、データを共有可能な知見に素早く変換できます。

注:

ダッシュボード (旧称 Lakeview ダッシュボード) が一般提供されました。

  • オリジナルの Databricks SQL ダッシュボードは、現在、レガシー ダッシュボードと呼ばれています。 これらは引き続きサポートされ、重大なバグ修正で更新されますが、新機能は制限されます。 レガシ ダッシュボードは、作成と使用の両方に引き続き使用できます。

  • 移行ツールまたは REST API を使用して、従来のダッシュボードを変換します。 組み込みの移行ツールの使用方法については、 「レガシー ダッシュボードを Lakeview ダッシュボードに複製する」を参照してください。 REST API を使用してダッシュボードを作成および管理する方法のチュートリアルについては、ダッシュボード チュートリアルを参照してください。

ダッシュボードには、次のコンポーネントがあります。

  • データ:データタブでは、ダッシュボードで使用するデータセットを定義できます。 データセットは、UI または API を使用して共有、インポート、またはエクスポートするときにダッシュボードにバンドルされます。

  • キャンバス:キャンバスタブを使用すると、ユーザーは視覚化を作成し、ダッシュボードを構築できます。

注:

ダッシュボードごとに最大 100 個のデータセットを定義できます。 キャンバスには、ダッシュボードごとに最大 100 個のウィジェットを含めることができます。

データセットを定義する

ダッシュボードの基になるデータセットを定義するには、 [データ]タブを使用します。

データセットは次のいずれかとして定義できます。

  • 1 つ以上のテーブルまたはビューに対する新しいクエリ。

  • 既存のUnity Catalogテーブルまたはビュー。

任意のタイプのテーブルまたはビューでデータセットを定義できます。 追加のクエリを記述するか、追加のテーブルまたはビューを選択することで、複数のデータセットを定義できます。 データセットを定義した後は、ケバブメニューデータセット名の右側にあるケバブ メニューを使用して、データセットの名前を変更したり、複製したり、削除したりできます。 データセットを CSV、TSV、または Excel ファイルとしてダウンロードすることもできます。

メニューにはデータセットのオプションが表示されます

SQLでデータアクセスを制限する

ダッシュボード データセット内のすべてのデータは、視覚化に表示されていない場合でも、ダッシュボード ビューアーがアクセスできます。 機密データがブラウザに送信されないようにするには、データセットを定義する SQL クエリで指定される列を制限します。 たとえば、テーブルからすべての列を選択するのではなく、テーブル構成ではなく、SQL ステートメントで視覚化に必要な特定の列のみを選択します。

キャンバス上の視覚化、テキスト、およびフィルターウィジェットを追加または削除する

キャンバスタブを使用してダッシュボードを構築します。 キャンバスの下部にあるツールバーを使用して、ビジュアリゼーション、テキストボックス、フィルターなどのウィジェットを追加します。

ビジュアライゼーション

視覚化ウィジェットをキャンバスに追加して、視覚化を作成します。 サポートされている視覚化には、面グラフ、棒グラフ、コンボグラフ、カウンターグラフ、ヒートマップ、ヒストグラム、折れ線グラフ、円グラフ、ピボットグラフ、散布図、表グラフの種類が含まれます。

注:

視覚化で使用されるクエリは、必ずしもデータセットに正確に一致するとは限りません。 たとえば、ビジュアリゼーションに集計を適用すると、ビジュアリゼーションには集計値が表示されます。

  • Databricks Assistantを使用する: 表示したいグラフを自然言語で記述して視覚化を作成し、アシスタントにグラフを生成させます。 作成後、構成パネルを使用して生成されたチャートを変更できます。 アシスタントを使用して、テーブルまたはピボットテーブルのグラフタイプを作成することはできません。

  • 構成パネルを使用する: データセットを直接変更せずに、視覚化構成で追加の集計または時間ビンを適用します。 構成パネルでデータセット、x 軸の値、y 軸の値、色を選択できます。 サポートされている各ビジュアリゼーション タイプの構成の詳細と例については、「 ダッシュボード ビジュアリゼーション タイプ 」を参照してください。 テーブル ビジュアリゼーションでデータの表示を制御する方法については、「 テーブル オプション 」を参照してください。

注:

ビジュアリゼーション構成で時間変換を適用すると、ビジュアリゼーションに表示される日付は、その期間の開始を表します。

テキストウィジェット

Markdownは、プレーンテキストエディタでテキストをフォーマットするためのマークアップ言語です。 テキストウィジェットでマークダウンを使用して、テキストの書式設定、リンクの挿入、ダッシュボードへの画像の追加を行うことができます。

  • テキストウィジェットに静的画像を追加するには、公開されているURLから ![description](URL) 、必要な説明とURLを使用してマークダウン画像構文を追加します。 たとえば、次のマークダウンは Databricks ロゴの画像を挿入します: ![The Databricks Logo](https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/63/Databricks_Logo.png) 。 画像のサイズを変更するには、ウィジェットのサイズを変更します。

  • DBFS からイメージを追加するには、必要な説明と FileStore パスを含むマークダウン イメージ構文を追加します: ![description](files/path_to_dbfs_image) 。 画像のサイズを変更するには、ウィジェットのサイズを変更します。 DBFSの詳細については、 「 DBFSとは」を参照してください。

マークダウン構文の詳細については、このガイドを参照してください。

フィルター

フィルターは、ダッシュボードの閲覧者が特定のフィールドや設定でフィルター処理して結果を絞り込むことができるウィジェットです。 これらは他の BI ツールのスライサーと同じように機能し、ダッシュボードの閲覧者は視覚化で表示されるデータを操作および調整できます。 各フィルター ウィジェットは、データセット フィールドをフィルター処理したり、データセット クエリ内の定義済みパラメーターに値を割り当てたりするように構成できます。 クエリベースの 組み込み を使用する場合、フィルターと 組み込み を 1 つのウィジェットに組み合わせることができます。 クエリ ベースの を適用する方法については、 「クエリ ベースの の使用」を参照してください。

フィールドに対するフィルター

ダッシュボードでは、フィールドのフィルタリングに次のフィルター タイプがサポートされています。

  • 単一値

  • 複数の値

  • 日付ピッカー

  • 日付範囲ピッカー

  • テキスト入力

  • 範囲スライダー

フィルターは、1 つ以上のデータセットのフィールドに適用できます。 フィルターを複数のデータセットのフィールドに接続するには、データセットごとに最大 1 つのフィールドを追加します。 フィルターは、選択したデータセットに基づいて構築されたすべての視覚化に適用されます。 フィルター選択は、他のすべてのフィルターにカスケードされます。

ダッシュボード フィルターは常にデータセット全体に適用されます。 データセットが小さい場合は、ダッシュボード フィルターがブラウザに直接適用され、パフォーマンスが向上します。 パラメータが大きい場合は、SQLウェアハウスで実行されるクエリにフィルターが追加されます。

フィルターオン

フィルタが パラメータ に接続されている場合、フィルタはパラメータのサイズに関係なく、SQL ウェアハウスに対してクエリを実行します。

ダッシュボードは、設定に次のフィルター タイプをサポートしています。

  • 文字列

  • 日付

  • 日時

  • DECIMALタイプ

  • 整数タイプ

ダッシュボードとは何ですか? を参照してください。 。

注:

を使用した日付範囲の指定はサポートされていません。 日付範囲を指定するには、目的の範囲の開始日と終了日を含むフィールドにフィルターを適用します。

ウィジェットのコピー

キーボードショートカットを使用して、選択したウィジェットをコピーし、キャンバスに貼り付けます。 新しいウィジェットを作成したら、他のウィジェットと同じように編集できます。

ドラフトダッシュボード キャンバスでウィジェットを複製するには、次の手順を実行します。

  • ウィジェットを右クリックします。

  • [クローンを作成] をクリックします。

ウィジェットのクローンが元のウィジェットの下に表示されます。

ウィジェットの削除

ウィジェットを削除するには、ウィジェットを選択し、キーボードの delete キーを押します。 または、ウィジェットを右クリックします。 次に、「 削除」をクリックします。

結果のダウンロード

データセットは CSV、TSV、または Excel ファイルとしてダウンロードできます。 ドラフトダッシュボードでは、 [データ]タブからダウンロード オプションにアクセスするか、キャンバス上の視覚化を右クリックします。

最大約 1 GB の結果データを CSV および TSV 形式で、最大 100,000 行を Excel ファイルにダウンロードできます。

1 GB の制限は最終ファイルのダウンロードよりも前のステップに適用されるため、最終ファイルのダウンロード サイズは 1 GB より若干多いか少ない場合があります。

公開されたダッシュボードの場合、閲覧者はビジュアリゼーションを右クリックして結果をダウンロードできます。

ワークスペース管理者は、次の手順でセキュリティ設定を調整し、ユーザーが結果をダウンロードできないようにすることができます。

  1. Databricks ワークスペースの上部バーにあるユーザー名をクリックし、 [設定]を選択します。

  2. [ セキュリティ] をクリックします。

  3. SQL 結果のダウンロードオプションをオフにします。

ダッシュボードでの下書きと共同作業

新しいダッシュボードは下書きとして開始されます。 ワークスペース内の他のユーザーと下書きを共有して共同作業を行うことができます。 すべてのユーザーは、自分の資格情報を使用して、ダッシュボードの下書きのデータと視覚化を操作します。

アクセス許可レベルの詳細については、「 ダッシュボード ACL」を参照してください。

ダッシュボードの公開

ダッシュボードを公開すると、現在のダッシュボードのクリーンなコピーが作成され、Databricks ワークスペース内の任意のユーザーと共有できるようになります。 ダッシュボードを公開した後、公開済みバージョンは変更されず、再度公開するまで共有できます。 公開されているコピーに影響を与えることなく、下書きバージョンで変更や改善を続行できます。

公開では、ダッシュボードはユーザーと自動的に共有されません。 表示権限を持つダッシュボードをユーザーまたはグループに明示的に共有できます。

ダッシュボードを公開するには、少なくとも 編集可能 権限が必要です。

  1. ダッシュボードを開きます。

  2. 右上の [ 共有 ] ドロップダウン メニューで、[ 公開] をクリックします。 [ パブリッシュ] ダイアログが表示されます。

  3. 公開されたダッシュボードに使用する資格情報を選択します。 必要に応じて、資格情報を埋め込むことを選択できます。

  • 資格情報の埋め込み: 公開されたダッシュボードのすべての閲覧者は、データとコンピュートの資格情報を使用してクエリを実行できます。 これにより、ユーザーは、基礎となるデータや SQLwarehouse にアクセスできない場合でもダッシュボードを表示できます。 これにより、データへの直接アクセスが許可されていないユーザーにデータが公開される可能性があります。 これはデフォルトのオプションです。

  • 資格情報を埋め込まない: 公開されたダッシュボードのすべての閲覧者は、独自のデータと資格情報を使用してクエリを実行します。 ダッシュボードで結果を表示するには、閲覧者はワークスペース、接続された SQL ウェアハウス、および関連データにアクセスできる必要があります。

  1. [ 公開] をクリックします。

公開されたダッシュボードは、Databricks ワークスペース内の任意のユーザーと共有できます。 ダッシュボードへのアクセスの制御の詳細については、「 ダッシュボード ACL」を参照してください

公開されたダッシュボードにアクセスするには、ダッシュボードの上部付近にあるドロップダウン メニューで [公開済み ] をクリックします。

使用可能な下書きと公開済みのダッシュボードのバージョンを示すドロップダウンメニュー。

定期的な更新のためのダッシュボードのスケジュール

スケジュールされた更新を設定すると、ダッシュボードを自動的に更新し、最新のデータを記載した電子メールを定期的に購読者に送信することができます。

少なくとも「編集可能」権限を持つユーザーは、埋め込まれた資格情報を持つ公開されたダッシュボードが定期的に実行されるようにスケジュールを作成できます。 各ダッシュボードには、最大 10 個のスケジュールを設定できます。

スケジュールされたダッシュボードの更新ごとに、次の処理が行われます。

  • データセットを定義するすべての SQL ロジックは、指定された時間間隔で実行されます。

  • 結果はクエリ結果キャッシュに入力され、ダッシュボードの初期読み込み時間を改善するのに役立ちます。

スケジュールを作成するには:

  1. ダッシュボードの右上隅にある [スケジュール ] をクリックします。 [ Add Schedule ] ダイアログが表示されます。

    [スケジュールの追加] ダイアログ
  2. ドロップダウンセレクタを使用して、頻度とタイムゾーンを指定します。 オプションで、「 cron 構文を表示 」チェックボックスを選択して、「 Quartz cron 構文」でスケジュールを編集します。

  3. 「作成」をクリックします。[スケジュール] ダイアログが表示され、作成したスケジュールが表示されます。このダッシュボードに他のスケジュールが存在する場合は、ダイアログにもそれらが表示されます。

  4. オプションで、 [サブスクライブ]をクリックして自分自身をサブスクライバーとして追加し、スケジュールされた実行が完了した後にダッシュボードの PDF インフラストラクチャを含む電子メールを受信します。

注:

このダッシュボードのスケジュールがすでに作成されている場合は、右上隅のボタンに [ サブスクライブ] と表示されます。 前述のワークフローを使用してスケジュールを追加できます。

サブスクリプションを管理する

スケジュールの購読者は、スケジュールが実行されるたびに、現在のダッシュボードの PDF インフォメーションが記載された電子メールを受け取ります。 対象購読者はワークスペースユーザーとEメール通知先です。

ワークスペース管理者は、購読者として選択される前に、電子メール通知の宛先を定義する必要があります。 「通知の送信先を管理する」を参照してください。アカウント ユーザー、配布リスト、およびアカウント外のユーザー (パートナーやクライアント組織のユーザーなど) はすべて、電子メール通知の宛先として設定し、登録できます。 ただし、直接サブスクライブすることはできません。

重要

サブスクリプション リストには、最大 100 人のサブスクライバーを含めることができます。 E メール通知先は、送信する E メールの数に関係なく、1 人の購読者としてカウントされます。

更新を受信する他のサブスクライバーを追加および削除できますが、ダッシュボードで少なくとも [ 編集可能 ] 権限を持っている場合。 既存のスケジュールにサブスクライバーとして自分自身を追加および削除できますが、少なくともダッシュボードで [ 表示可能 ] 権限があります。

  • 他のユーザーをサブスクライブするには:

    1. ダッシュボードの右上隅にある [Subscribe ] をクリックします。 「 スケジュール 」ダイアログが表示されます。

    2. サブスクライバーを追加するスケジュールを特定します。 そのスケジュールの右側にある をクリックします ケバブメニュー 。 次に、「 編集」をクリックします。

    注:

    このコンテキスト メニューを使用して、スケジュールを停止または削除することもできます。

    スケジュールが割り当てられたダッシュボードに対して「表示可能」アクセス権を持っている場合は、スケジュールされた実行が発生するたびに更新を受信するように自分でサブスクライブできます。

  • 既存のスケジュールにサブスクライブするには:

    1. ダッシュボードの右上隅付近にある [Subscribe ] ボタンをクリックします。 [スケジュール] ダイアログには、ダッシュボードのすべてのスケジュールが表示されます。

    2. 選択したスケジュールの右側にある [Subscribe ] をクリックします。

    自分をサブスクライバーとして追加できない場合は、次の理由を確認してください。

    • ワークスペース管理者が、ワークスペースのダッシュボード サブスクリプションを有効にするオプションをオフにしました。

      この設定は、他のすべての設定よりも優先されます。 ワークスペース管理者がこの設定をオフにした場合、ダッシュボード編集者はスケジュールを割り当てることができますが、サブスクライバーを割り当てることはできません。

    • ダッシュボードは、埋め込まれた資格情報とは共有されません。

      認証情報が埋め込まれていないダッシュボードにはスケジュールを割り当てることができないため、サブスクライバーを割り当てることはできません。

    • ワークスペースにアクセスする権限がありません。

      アカウントユーザーは、Eメール通知先の購読者としてのみ追加できます。 アカウント ユーザーのダッシュボードには[サブスクライブ]ボタンがありません。

    • スケジュールは定義されていません。

      スケジュールが定義されていないダッシュボードの場合、ダッシュボードに対して「表示可能」または「実行可能」アクセス権を持つワークスペース ユーザーは、 「サブスクライブ」ボタンを操作できません。

Eメール更新の購読を解除する

購読者は、スケジュールから購読を解除することで、電子メールの受信を停止することを選択できます。

  • ダッシュボード UI を使用して登録を解除するには:

    1. ダッシュボードの右上隅付近にある [Subscribe ] ボタンをクリックします。 [スケジュール] ダイアログには、ダッシュボードのすべてのスケジュールが表示されます。

    2. [ 登録済み ] をクリックして登録を解除します。 ボタンのテキストが「 購読」に変わります。

    UI が Subscribed から Subscribe に変わります。
  • スケジュールされた更新の購読を解除するには、電子メールのフッターにある[購読解除]リンクを使用します。

注:

電子メール通知用に設定された大規模な配布リストに含まれているユーザーが、電子メールのフッターにあるリンクを使用して登録解除することを選択した場合、そのアクションによって配布リスト全体が登録解除されます。 グループ全体がサブスクリプションから削除され、今後 PDF スナップショットの更新を受信しなくなります。

ワークスペース管理者のサブスクリプションコントロール

ワークスペース管理者は、ユーザーがサブスクリプションを使用してダッシュボードを配布することを禁止できます。

Eメール更新の共有を防ぐには:

  1. Databricks ワークスペースの上部バーにあるユーザー名をクリックし、 [設定]を選択します。

  2. 通知」をクリックします。

  3. ダッシュボードの電子メールサブスクリプションを有効にするオプションをオフにします。

この設定を変更すると、すべてのユーザーが電子メール購読者を追加できなくなります。 ダッシュボード編集者は購読者を追加できず、ダッシュボード閲覧者にはダッシュボードを購読するオプションがありません。

この設定をオフにすると、既存のサブスクリプションは停止され、既存のサブスクリプション リストを誰も変更できなくなります。 この設定をオンに戻すと、既存のリストを使用してサブスクリプションが再開されます。

サブスクリプションのダッシュボードのサイズ制限

ダッシュボードサブスクリプションの電子メールには、次の base64 でエンコードされたファイルが含まれます。

  • PDF: 完全なダッシュボードを含む PDF ファイル。

  • DesktopImage: デスクトップ コンピューターでの表示に最適化された画像ファイル。

  • MobileImage: モバイルデバイスでの表示用に最適化された画像ファイル。

3 つのファイルの合計サイズには、最大 9 MB の制限が課せられます。 次の説明では、合計ファイル サイズが制限を超えた場合に予想される動作の概要を示します。

  • PDF ファイルが 9MB を超える場合:サブスクリプションの電子メールには PDF 添付ファイルや画像は含まれません。 これには、ダッシュボードがサイズ制限を超えたことを示すメモと、現在のダッシュボードの実際のファイルサイズが表示されます。

  • PDF ファイルと DesktopImage ファイルの合計サイズが 9MB を超える場合: PDF のみが電子メールに添付されます。 インラインメッセージにはダッシュボードへのリンクが含まれていますが、モバイルまたはデスクトップで表示するためのインライン画像は含まれていません。

  • すべてのファイルの合計ファイルサイズが 9MB を超える場合: MobileImage は電子メールから除外されます。

ダッシュボードの所有権を譲渡する

ワークスペース管理者の場合は、ダッシュボードの所有権を別のユーザーに譲渡できます。

  1. ダッシュボードのリストに移動します。 編集するダッシュボード名をクリックします。

  2. [ 共有] をクリックします。

  3. 歯車アイコン共有」ダイアログの右上にあるアイコンをクリックします。歯車アイコンでダイアログを共有

  4. ユーザー名の入力を開始して、新しい所有者を検索して選択します。

  5. 「確認」をクリックします。

新しい所有者は、 CAN MANAGE権限を持つ状態で 「共有」 ダイアログに表示されます。所有者別にリストされたダッシュボードを表示するには、 を選択して ダッシュボード アイコン使用可能なダッシュボードのリストに移動します。

ダッシュボードのエクスポート、インポート、または置換

ダッシュボードをファイルとしてエクスポートおよびインポートして、編集可能なダッシュボードをさまざまなワークスペース間で共有しやすくなります。 ダッシュボードを別のワークスペースに転送するには、ダッシュボードをファイルとしてエクスポートし、新しいワークスペースにインポートします。 また、ダッシュボード ファイルをその場で置き換えることもできます。 つまり、ダッシュボード ファイルを直接編集する場合、そのファイルを元のワークスペースにアップロードし、既存の共有設定を維持しながら既存のファイルを上書きすることができます。

次の手順では、UI でダッシュボードをエクスポートおよびインポートする方法について説明します。 Databricks API を使用して、ダッシュボードをプログラムでインポートおよびエクスポートすることもできます。 POST /api/2.0/ワークスペース/importを参照してください。

ダッシュボード ファイルのエクスポート

  • 下書きダッシュボードで、画面の右上隅にあるケバブメニューをクリックし ケバブメニュー 、[ ダッシュボードのエクスポート] をクリックします。

  • [ ダッシュボードのエクスポート ] ダイアログを使用して、アクションを確認またはキャンセルします。 エクスポートが成功すると、 .lvdash.jsonファイルが Web ブラウザのデフォルトのダウンロード ディレクトリに保存されます。

ダッシュボード ファイルのインポート

  • 「ダッシュボード」リスト・ページで、「ブルーダウンキャレット > ファイルからダッシュボードをインポート 」をクリックします

  • ファイルを選択 」をクリックしてローカル・ファイル・ダイアログを開き、インポートする .lvdash.json ファイルを選択します。

  • [ ダッシュボードのインポート ] をクリックして、ダッシュボードを確認して作成します。

インポートされたダッシュボードは、ユーザーフォルダに保存されます。 インポートされた同じ名前のダッシュボードがその場所にすでに存在する場合は、括弧内に数字を追加して一意の名前を作成することで、競合が自動的に解決されます。

ファイルからダッシュボードを置き換える

  • 下書きダッシュボードで、画面の右上隅にあるケバブメニューをクリックし ケバブメニュー 、[ ダッシュボードを置き換える] をクリックします。

  • ファイルを選択 」をクリックしてファイルダイアログを開き、インポートする .lvdash.json ファイルを選択します。

  • [ 上書き ] をクリックして、既存のダッシュボードを上書きします。

アカウントへのシェアとは何ですか?

ダッシュボードをアカウントに共有すると、ユーザーは公開されたダッシュボードを、ダッシュボードが作成されたワークスペース外のユーザーやグループと共有できます。

Databricks アカウントにユーザーを追加することは、ワークスペースにユーザーを追加することと同じではありません。 ユーザーがアカウントに追加されても、その資格情報によってワークスペース、データ、またはコンピュートリソースへのアクセス権が自動的に付与されるわけではありません。 代わりに、登録によってシステム内で ID が確立され、Databricks は後でこれを使用して、共有ダッシュボードが意図した受信者にのみ利用可能であることを確認します。

次の画像は、公開されたダッシュボードを複数のワークスペースおよびアカウント レベルで共有する方法の例を示しています。

次の一覧で説明するダッシュボード共有の例。

公開されたダッシュボードは、以下と共有できます。

  • 元のワークスペースに割り当てられた 1 人以上の特定のユーザー。

  • ワークスペース グループ (すべてのワークスペース ユーザーを含む)。

  • Databricks アカウント内の 1 人以上の特定のユーザー。

  • Databricks アカウント グループ (すべてのアカウント ユーザーを含む)。

Databricks内のユーザーとグループの関係の詳細については、 「管理者はどのようにしてユーザーをワークスペースに割り当てるのですか?」を参照してください。

重要

ダッシュボード アカウントを共有するには、シングル サインオン (SSO) による統合ログインが有効になっている必要があります。 詳細については、 「統合ログイン」を参照してください。

他の Databricks アカウント ユーザーとダッシュボードを共有する方法

ドラフトダッシュボードはワークスペース外部のユーザーと共有できません。 公開されたダッシュボードは、Databricks アカウントのユーザーおよびグループと共有できます。 Databricksアカウントにユーザーとグループを追加しても、ワークスペース、データ、またはコンピュートのアクセス許可は自動的に割り当てられません。 を使用した ID 管理の詳細については 、「ユーザー、サービス プリンシパル、およびグループの管理」を 参照してください。Databricks

次の手順を使用して、ダッシュボードを公開し、アカウント ユーザーと共有します。

  • 下書きダッシュボードに移動します。

  • 資格情報の埋め込み (デフォルト)設定でダッシュボードを公開します。

    資格情報を埋め込むということは、SQL ウェアハウスとクエリがパブリッシャーのデータとウェアハウス権限を使用して、公開されたダッシュボードを更新することを意味します。 元のワークスペースの外部のユーザーには独自の資格情報がないため、共有する場合はこれが必要となります。

  • [共有]ボタンをクリックし、 [共有]ダイアログを使用して、Databricks アカウント内のユーザーとグループのアクセス許可を設定します。

    • [共有] ダイアログの上部に、ワークスペース ユーザー、ワークスペース グループ、特定のアカウント ユーザー、またはアカウント グループを入力します。

    ワークスペース内のユーザーには、 「管理可能」「編集可能」「実行可能」 、または「表示可能」権限を割り当てることができます。 アカウント ユーザーは、共有モーダルでより高い権限が割り当てられている場合でも、 「表示可能」アクセスに制限されます。

    すべてのアカウント ユーザーに表示アクセス権を簡単に割り当てるには、 [共有]ダイアログの下部にある[共有設定]オプションを使用します。

    組織の共有の設定を示す共有ダイアログ

  • リンクをユーザーと共有します。

    [共有] ダイアログの下部にある [リンクをコピー] をクリックして、公開されたダッシュボードの共有可能な URL をコピーします。

注:

ワークスペースへのアクセス権を持たないユーザーは、 「表示可能」権限に制限されます。 ワークスペースへのアクセス権を持たないユーザーに「編集可能」などの昇格された権限を付与すると、その権限は UI に表示されますが、ユーザーがワークスペースに追加されるまで実際には適用されません。

ダッシュボードの権限レベルの詳細については、 「ダッシュボード ACL」を参照してください。

ネットワークに関する考慮事項

IP アクセス リストが設定されている場合、アカウントに公開されたダッシュボードには、VPN を使用する場合など、承認された IP 範囲内からアクセスするアカウント ユーザーのみがアクセスできます。 アクセスの構成の詳細については、 「IP アクセス リストの管理」を参照してください。

Lakeviewアクティビティを監視する

管理者は、監査ログを使用してダッシュボードのアクティビティを監視できます。 「 ダッシュボードのイベント」を参照してください。

REST API を使用したダッシュボードの管理

DatabricksAPIs使用してダッシュボードを管理する 方法を示すチュートリアルについては、「DatabricksDatabricksRESTAPIs を使用してダッシュボードを管理する」を参照してください。付属のチュートリアルでは、レガシー ダッシュボードを Lakeview ダッシュボードに変換する方法、およびそれらを作成、管理、共有する方法について説明します。