Visual Studio Code 用の Databricks 拡張機能をインストールする

この記事では、Visual Studio Code 用の Databricks 拡張機能をインストールして開き、拡張機能で使用するプロジェクトを構成する方法について説明します。 「 Visual Studio Code の Databricks 拡張機能とは」を参照してください。

注:

Databricks の VSCode 拡張機能のチュートリアル: クラスターで Python を実行し、ジョブとして実行していない場合は、Visual Studio Code 用の Databricks 拡張機能が既にインストールされています。「Visual Studio Code の Databricks 拡張機能の認証設定」に進んでください。

要件

少なくとも 1 つの Databricks ワークスペースが使用可能であり、ワークスペースが次の要件を満たしている必要があります。

  • ワークスペースには、少なくとも 1 つの Databricks クラスターが含まれている必要があります。 使用可能なクラスターがない場合は、今すぐ、または Visual Studio Code の Databricks 拡張機能をインストールした後に クラスターを作成できます

注:

Databricks では、 個人用コンピュートクラスターを作成することをお勧めします。 これにより、ワークロードの実行をすぐに開始できるようになり、コンピュート管理のオーバーヘッドが最小限に抑えられます。

Databricks SQLウェアハウスは、この拡張機能ではサポートされていません。

ローカル開発マシンに次のものが必要です。

拡張機能 をインストールして開く

注:

次の手順では、一般公開されている Visual Studio Code の Databricks 拡張機能バージョン 1 を使用します。 現在プライベート プレビュー段階にある Visual Studio Code バージョン 2 の Databricks 拡張機能のこの手順を完了するには、 「Visual Studio Code バージョン 2 の Databricks 拡張機能をインストールして開く」に進んでください。

  1. Visual Studio Code で、[拡張機能] ビュー (メイン メニューの [拡張機能>表示] ) を開きます。

  2. Marketplaceの検索拡張機能に「 データブリック」と入力します。

  3. Databricks エントリをクリックします。

    注:

    タイトルに Databricks を含むエントリがいくつかあります。 タイトルに Databricks のみが含まれ、 Databricks の横にある青いチェック マーク アイコンが表示されているものを必ずクリックしてください。

  4. [インストール] をクリックします。

  5. [再読み込みが必要] をクリックするか、Visual Studio Code を再起動します。

  6. 拡張機能を開く: サイドバーで、 Databricks アイコンをクリックします

  7. Visual Studio Code の Databricks 拡張機能と Databricks ワークスペースの間の認証を設定します。 「Visual Studio Code の Databricks 拡張機能の認証セットアップ」を参照してください。

Visual Studio Code バージョン 2 の Databricks 拡張機能をインストールして開きます

注:

Visual Studio Code の Databricks 拡張機能バージョン 2 は、プライベート プレビュー段階にあります。

Visual Studio Code 拡張機能をインストールする
  1. Visual Studio Code のサイドバーで、[ 拡張機能 ] アイコンをクリックします。

  2. Marketplace の検索拡張機能Databricksと入力します。

  3. 「Databricks by Databricksの IDE サポート」というサブタイトルが付いた「Databricks」というラベルの付いたエントリで、 「インストール」の横にある下向き矢印をクリックし、 「プレリリース バージョンのインストール」をクリックします。

    注:

    拡張機能のバージョン 1 が既にインストールされている場合は、 Databricksというラベルの付いたエントリをクリックし、代わりに[プレリリース バージョンに切り替える] をクリックします。

  4. 以下のいずれかを実行します。

    • このプレビューに関する利用規約にまだ同意していない場合は、 [お問い合わせ] をクリックし、画面上の指示に従って Databricks にリクエストを送信します。 Databricks の利用規約に同意するまで、このプレビューを使用することはできません。

    • このプレビューに関する使用条件に既に同意している場合は、 既に登録されている場合は [続行] をクリックし、[ 再読み込みが必要 ] をクリックするか、Visual Studio Code を再起動します。

  5. [再読み込みが必要] をクリックするか、Visual Studio Code を再起動します。

  6. 拡張機能を開く: サイドバーで、 Databricks アイコンをクリックします

  7. Visual Studio Code の Databricks 拡張機能と Databricks ワークスペースの間の認証を設定します。 「Visual Studio Code の Databricks 拡張機能の認証セットアップ」を参照してください。

Visual Studio Code の Databricks 拡張機能バージョン 2 からバージョン 1 に切り替える

注:

Visual Studio Code の Databricks 拡張機能バージョン 2 は、プライベート プレビュー段階にあります。 Visual Studio Code の Databricks 拡張機能バージョン 1 が一般提供されました。

  1. Visual Studio Code の[拡張機能]ビュー (メイン メニューで[表示] > [拡張機能]をクリックします) の、インストールされている拡張機能のリストで[Databricks]をクリックします。

  2. [ Switch to Release Version] をクリックします。

  3. [再読み込みが必要] をクリックするか、Visual Studio Code を再起動します。

注:

Visual Studio Code の Databricks 拡張機能バージョン 1 からバージョン 2 に切り替えるには、 [プレリリース バージョンに切り替える]をクリックし、 [再読み込みが必要]をクリックするか、Visual Studio Code を再起動します。

拡張機能 をアンインストールする

Visual Studio Code の Databricks 拡張機能をアンインストールする必要がある場合は、次の操作を行います。

  1. Visual Studio Code で、メイン メニューの [ 拡張機能>の表示 ] をクリックします。

  2. 拡張機能のリストで、 Databricksエントリを選択します。

  3. [ アンインストール]をクリックします。

  4. [再読み込みが必要] をクリックするか、Visual Studio Code を再起動します。